8月から高額療養費の限度額が変わります(70歳以上で国保加入の皆さん)

平成29年8月診療分より、70歳以上の高額療養費自己負担限度額が下記のように変更されます。
今回の改正の目的は、すべての人が安心して医療を受けられる社会を維持するために、高齢者と若者の間の世代間公平を図ることにあります。

【変更前】 平成29年7月までのひと月あたりの自己負担限度額

区分 外来(個人単位) 入院(世帯単位) 多数回該当の場合
現役並み所得者
(課税所得145万円以上の人)
44,400円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
一般
(課税所得145万円未満かつ住民税課税世帯の人)
12,000円 44,400円  
住民税非課税等
(住民税非課税世帯)
Ⅱ (Ⅰ以外の人) 8,000円 24,600円
Ⅰ (年金収入80万円以下等) 15,000円

【変更後】平成29年8月からのひと月あたりの自己負担限度額

区分 外来(個人単位) 入院(世帯単位) 多数回該当の場合
現役並み所得者
(課税所得145万円以上の人)
57,600円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
一般
(課税所得145万円未満かつ住民税課税世帯の人)
14,000円
(年間上限
14万4千円)
57,600円 44,400円
住民税非課税等
(住民税非課税世帯)
Ⅱ (Ⅰ以外の人) 8,000円 24,600円  
Ⅰ (年金収入80万円以下等) 15,000円