平成29年度 高齢者インフルエンザ予防接種

インフルエンザは例年1月~2月頃に流行します。ワクチンの効果があらわれるまでに2週間ほどかかるので、11月~12月上旬頃までに接種することをお勧めします。   
予診票は9月下旬に送付します。予防接種を受けるまで大切に保管をお願いします。

実施期間

平成29年10月2日(月)~平成30年1月31日(水)

ただし、昭和28年1月20日から1月31日までに生まれた方は、65歳誕生日から平成30年2月10日まで受けられます。

対象

1 市内在住の65歳以上の人

2 60~65歳未満の人で、心臓、腎臓、呼吸器機能、免疫機能に障害のある人〈身体障害者(内部障害)手帳1級保持者〉

自己負担額

1400円(生活保護者は無料)

実施医療機関

予診票に同封されている「高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関名簿」に記載されている医療機関で接種できます。 *保険証 *予診票 *自己負担金1,400円(生活保護受給者の方は「生活保護休日・夜間等受診証」など)を持参のうえ、接種を受けてください。接種回数は1回です。

「高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関名簿」に記載されている医療機関以外の医療機関で接種される場合は、接種前に、 *予診票 *印鑑(スタンプ式不可)(代理の場合は代理の方の印鑑)を持って、10月2日以降に保健センターへお越しください。ご希望の医療機関が協力医療機関になっているかは保健センターへお問い合わせください。

予診票の送付について

対象者には9月下旬に予診票を送付します。予防接種を受ける際に医療機関にお持ちください。

なお、今年度に65歳に到達される方は誕生日の月の上旬に予診票を発送します。この場合、誕生日を迎えて65歳に到達してから予防接種を受けてください。
(例:12月に65歳になる方は12月上旬に予診票が届きます)。

予診票を紛失した場合は、ご本人確認ができるもの(代理の場合は代理の方のご本人確認ができるもの)を持って、10月2日以降に保健センターへお越しください。