【表敬訪問】日大三島高校野球部(高校野球静岡大会・準優勝)

 7月8日(土)~26日(水)、県内で開催された「第99回全国高等学校野球選手権静岡大会」で「日本大学三島高等学校・野球部」が準優勝を果たしました。惜しくも甲子園出場はなりませんでしたが、持ち前の粘り強さとチーム力で決勝戦まで勝ち上がり、多くの市民に夢と感動を与えてくれました。報告のため、8月4日(金)に豊岡市長を表敬訪問しました。
 坪井部長は「あと一歩で及ばず、悔しい。選手たちは一戦一戦重ねるごとに成長してくれた」と話し、川口監督は「多くの応援があり、ここまでこれた。結果は非常に悔しかったが、選手たちは最後までよく頑張った」と振り返りました。

表敬訪問 日大三島高校野球部1  表敬訪問 日大三島高校野球部2

 長尾キャプテンは「色々な方の応援があったからこそ、粘り強い野球ができた。今年は準優勝だったが、新チームがすでに練習を始めているので、次は優勝してくれることを期待している」と感謝と新チームへの期待を語りました。

表敬訪問 日大三島高校野球部3  表敬訪問 日大三島高校野球部4

 豊岡市長は「最後まで粘り強く戦って、全力で頑張ってくれた。市民に元気と勇気と感動を与えてくれた。準優勝も立派な成績。一人一人チームの一員としての健闘に感謝します。悔しさは新チームに引き継いで、春・夏の甲子園出場を目指してほしい」と激励の言葉を送りました。