三島市、清水町”水の郷”構想を公表します

”水の郷”構想は、豊かな水環境がもつ魅力や歴史、文化を最大限活用したまちづくりを進めるため、地域のみなさんや関係団体・行政が一体となって取り組んでいく指針となるものです。

”水の郷”構想公表の経緯

 三島市は、誰もが「住みたい、訪れたい」と感じてもらえるまちづくりの一環として水と緑のオープンスペースを結び付け、活用することを目指し、清水町、静岡県、関係NPO法人及び関係用水組合とともに「三島市、清水町“水の郷”構想検討会」を設立し、検討を重ねてきました。

検討会におきまして、今後の施設整備や活動の指針となる”水の郷”構想がとりまとまりましたので、公表します。
今後は引き続き、具体的な整備計画等の検討を進めていきます。

”水の郷”構想が目指すもの

この構想は「富士山の恵みが創り上げた緑豊かな水辺が点在するJR三島駅から柿田川を結ぶエリア」を対象とし、現在の「親水拠点が持っている魅力を磨き上げる」と共に、「拠点間の連携を強化する」ことで、“水の郷”としての価値を相乗的に高めていくことを構想の柱とし、“水の郷構想”実現に向け、源兵衛川、境川、丸池、清住緑地等各拠点を結ぶ周遊ルートを選定するとともに、清住緑地、丸池等各拠点の魅力をより高めるための整備策定をおこなうものです。