モバイルレジについてのQ&A

「モバイルレジ」は、株式会社NTTデータが提供しているサービスです。

モバイルレジとは何ですか?

納付書に印字されているバーコードをスマートフォンなどのカメラで撮影し、インターネットバンキングを利用して納付ができるサービスです。

※「インターネットバンキング」とは、スマートフォン、タブレット端末(OSがiOS、Androidのもの)などを用いて、時間や場所を問わずにできる銀行取引の事です。

利用するためには何か手続が必要ですか?

ご利用の金融機関にインターネットバンキングの申込をします。
※既にインターネットバンキングをご利用の場合、新たなお手続きは不要です。
初回のみモバイルレジアプリのダウンロードが必要です。
また、パソコンからの利用はできません。

(インターネットバンキングのご利用において、金融機関への利用料金が必要な場合がございますので、詳しくはお取引先の金融機関でご確認ください。)

モバイルレジが利用できる携帯電話や金融機関は?

下記のモバイルレジサイトよりご確認ください。(新しいウィンドウで開きます。)

・パソコン http://solution.cafis.jp/bc-pay/pc/
・携帯電話 https://bc-pay.jp/mobile/A/wa01.html

※一部の機種について、読み取りにくい場合があります。

利用する場合、手数料やパケット通信料はかかりますか?

振込⼿数料は無料です。

「モバイルレジ」アプリは、カメラでバーコード情報を読み取る時にはパケット通信料はかかりません。
ただし、読み取り後、支払いを行うためにブラウザでモバイルレジサイトに接続をする際からは、パケット通信料がかかります。

モバイルレジ利用後の引き落としはいつになりますか?また、手続き後、納付を取り消すことはできますか?

振込を実行した時点で即座に口座から引き落とされます。
口座に残高がないとご利用できません。ご利用は、残高の範囲内になります。

納付手続き完了後は取り消しできません。
手続き前に必ず注意事項を確認の上、納付の手続きを行ってください。

領収証書は発行されますか?また、モバイルレジで支払ったことの確認は出来ますか?

本市や金融機関などでは領収証書は発行されません。
インターネットバンキングの取引明細や通帳記帳によりご確認ください。
すぐに納税証明書が必要なときや領収証書が必要なとき、また、軽自動車税の車検用納税証明書(継続検査用)が必要な方は、市役所、金融機関の窓口またはコンビニエンスストアなどをご利用ください。

モバイルレジでのお支払明細は通帳や取引明細照会にてご確認いただけます。
(【PE 三島市 〇〇税】などといった印字・表示がされます)

利用できる納付書は?

本市でモバイルレジに対応している納付書は、1枚の納付書が30万円以下で、バーコードが印字されている市県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税の納付書に限ります。
バーコードがない納付書や、傷や汚れなどによってバーコードを読み取れない納付書はお取り扱いできません。
また、それぞれ有効期限がありますので、利用時期によってはバーコードが読み込めないことがありますのでご注意ください。

取扱金融機関なのに利用できないのはなぜですか?

金融機関によっては、携帯電話またはスマートフォンのどちらか⼀方のみの対応、また、モバイルレジそのものに対応していない場合があります。
ご利用の金融機関の取扱いについては、下記のモバイルレジサイトよりご確認ください。
(新しいウィンドウで開きます。)
・パソコン http://solution.cafis.jp/bc-pay/pc/
・携帯電話 https://bc-pay.jp/mobile/A/wa01.html

納税義務者とモバイルバンキングの契約者が違いますが、利用できますか?

モバイルバンキングの契約者であれば納税義務者でなくても利用できます。

同じ納付書で2回納付してしまうことはないですか?

モバイルレジでは、同じバーコード情報を読み込むことがないため、2回納付する心配はありません。
ただし、モバイルレジとコンビニなどでの納付、同⼀の年度と期別で再発行などした別の納付書の場合はバーコード情報が異なるため、納付を受け付けますのでご注意ください。