平成30年4月スタート!スマートフォンなどを利用して市税の納付ができます。

金融機関やコンビニなどに出かけることなく、自宅で簡単に安心して納付ができます。

キャッシュレスでかんたんスピーディー!

モバイルレジとは



納付書に印字されたバーコードをカメラ付き携帯電話やスマートフォンで読み取り、インターネットバンキングを利用して納付ができるサービスです。

*モバイルレジは、株式会社NTTデータが提供するサービスです。

詳細については、株式会社NTTデータのモバイルレジホームページをご覧ください。
(新しいウィンドウで開きます。)
・パソコン・スマートフォン用 http://solution.cafis.jp/bc-pay/pc/
・携帯電話用 https://bc-pay.jp/mobile/A/wa01.html

※一部の機種について、読み取りにくい場合があります。

納付できる税目・金額 

・市県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税

・バーコードの付いた納付書で、1枚につき30万円までのもの

※バーコードがない納付書や、傷や汚れなどによってバーコードを読み取れない納付書はお取り扱いできません。
また、それぞれ有効期限がありますので、利⽤時期によってはバーコードが読み込めないことがありますのでご注意ください。

モバイルレジを始めるには

ステップ1


ご利用の金融機関にインターネットバンキングの利用申込をします。
※既にインターネットバンキングをご利用の場合は、新たなお手続きは不要です。
※インターネットバンキングの利用申込については、各金融機関でご確認ください。

ステップ2


モバイルレジ携帯アプリ
初回のみモバイルレジアプリをダウンロードします。(会員登録は不要です。)
右図の二次元コードからアプリをダウンロードできます。
「モバイルレジ」アプリは無料ですが、パケット通信料(お客様負担)がかかります。
※スマートフォンの場合は、Google play(Androidの場合)、App Store(iPhoneの場合)からもダウンロード可能です。

モバイルレジで納付するには

バーコード情報を読み込むため、支払先や金額を入力する必要はありません。

※モバイルレジの使用方法についてはこちら→株式会社NTTデータ(新しいウィンドウで開きます。)

ご利用にあたっての注意

・インターネットバンキングの払込⼿数料は無料です。ただし、パケット代等の通信料がかかります。

・支払手続き完了後は取り消しできません

・モバイルレジで納付した場合、手元に領収印のない納付書が残ります。二重納付を防ぐためにも、納付書に支払日とともに、モバイルレジで納付した旨をメモしておいてください。

モバイルレジが利用できる携帯電話や金融機関

下記のモバイルレジサイトでご確認ください。(新しいウィンドウで開きます。)
・パソコン http://solution.cafis.jp/bc-pay/pc/
・携帯電話 https://bc-pay.jp/mobile/A/wa01.html

利用口座からの引落し

利用した時点で即座に口座から引き落としされます。

領収証書について

・領収証書は発行されません。インターネットバンキングなどの取引明細や通帳記帳でご確認ください。

・すぐに納税証明書が必要な方、領収証書が必要な方、軽自動車税の車検用納税証明書(継続検査用)が必要な方は、納付書裏面の金融機関窓口またはコンビニエンスストアなどで納付してください。