ストーブによる事故に気を付けましょう!

冬に欠かせない暖房器具の一つであるストーブ。部屋全体を温めてくれる石油ストーブと小型で便利な電気ストーブ。どちらも誤った使い方をすると事故につながります。

石油ストーブによる事故の事例

・草刈り機や原付バイクに使用するためのガソリンを灯油と間違えて石油ストーブに給油したところ、異常燃焼を起こし、住宅を全焼した。
・カートリッジタンクに給油した後、口金が緩んでいたため、本体にセットする際に灯油がこぼれて引火し、建物を全焼した。
・燃焼筒を上下逆さまにセットして点火したため、石油ストーブから出火し、住宅の1階部分を焼損し、家人2人が軽傷を負った。

石油ストーブ使用上の注意

・ガソリンを石油ストーブに使用すると火災の原因になります。間違えて使用しないよう、灯油やガソリンの保管場所や保管方法に注意しましょう。
・給油時は給油タンクのふたが確実にしまっていることを確認しましょう。
・石油ストーブの周囲に灯油が漏れていないか確認し、漏れていた場合は必ず拭き取りましょう。拭き取りが不十分だと引火の恐れがあります。
・タンクのふたが正しく閉まらない等の異常がある場合には、使用を中止して販売店や製造元に相談しましょう。

電気ストーブによる事故の事例

・電気ストーブの上に洗濯物を干していたところ落下し発火、火災が発生した。
・脱衣所においていた電気ストーブの電源を切った後、バスマットをかけておいた。そばを通った際に誤って押しボタン式の電源スイッチに触れてしまったようでバスマットから発煙、発火した。
・強弱切替スイッチに欠陥があるリコール対象の電気ストーブを使い続けていたところ、火災に至った。

電気ストーブ使用上の注意

・電気ストーブの上に洗濯物を干さないようにしましょう。
・衣類など可燃物の近くで電気ストーブを使用しないようにしましょう。
・電気ストーブを使用していない時もタオルなどの可燃物をかけるのはやめましょう。意図せずに電源スイッチが入ることもあります。
・電気ストーブを使用しない時は、電源スイッチを切るだけでなく、電源プラグをコンセントから抜くようにしましょう。
・リコール対象製品をお持ちの場合は、直ちに使用を中止してお買い求めの販売店や製造事業者に相談してください。