マンション管理組合の皆様へ重要なお知らせ

「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が交付され、平成30年6月15日からマンションを含む住宅において、宿泊料を受けて人を宿泊させる「民泊」が可能となります。

マンション管理規約の見直しについて

 分譲マンションで民泊を実施する場合、宿泊者が出入口や廊下等の共用部分を使用するなど、居住者の住環境に大きな影響があると考えられます。

 民泊の届出等の準備行為は、平成30年3月15日(木曜日)から始まります。
 
 トラブルを未然に防ぐためには、あらかじめマンション管理組合において民泊を許容するか否かを話し合い、その結果を管理規約に明文化することが望ましいとされています。

 いったん届出が行われると、後から禁止措置をとっても、届出者との間でトラブルになることが懸念されますので、民泊を禁止するのであれば、届出が開始される前(平成30年3月14日まで)に管理規約の改正を行っておくことをお勧めします。

 なお、届出が開始される前に管理規約の改正が間に合わない場合は、少なくとも総会あるいは理事会において、民泊を禁止する旨の決議をしておくことが必要です。