【進捗状況の報告】三島駅南口広域観光交流拠点整備事業

三島駅南口広域観光交流拠点整備事業は、三島駅周辺グランドデザインに示すガーデンフロントとして「広域観光交流拠点」を整備する事業として、これまで、市議会のご理解をいただきながら、市民の皆さんへは広報みしまやホームページなどでお知らせし、説明会などを通じてご意見を伺いつつ進めてきましたが、駅前の工事が進み始めましたので、事業の進捗状況をお知らせいたします。

平成30年1月現在の事業の状況

  • 西街区写真1801
  • ・土地売買契約が平成29年6月30日に成立し、事業用地の土地所有権は現在、東京急行電鉄(株)にあります。

    ・東京急行電鉄(株)は、三島市と平成29年7月31日に締結した事業協定書及び基本計画に基づき、事業を進めています。

    ・現在、開発行為の制限解除のための工事や、建築工事に向けた準備や手続きを進めています

よくある質問と回答

市民の皆さんから寄せられているご質問と回答をお知らせします。なお、内容は随時追加・更新していきます。
質問と回答はこちら
区分 質問番号 質問内容
事業概要 Q1 開業はいつ頃か
Q2 施設の概要は
Q3 なぜ、駅前にあった総合観光案内所を取り壊したのか
Q4 東急グループによる情報発信の具体例は
事業者選定 Q5 事業者はどのように決まったのか
Q6 1社の応募で事業者を決定したのは問題ではないか
土地売却 Q7 土地の売却価格はいくらか
Q8 土地の売却価格は適正だったのか
Q9 従前の総合観光案内所の建物の残存価格を売却価格に上乗せすべきではないか
進捗状況 Q10-1 工事が遅延していると聞いたのですが
Q10-2 Q10-1の理由は、建築確認手続き中の抜本的な設計の見直しなのか
Q10-3 建築工事の着工が遅れているが、オリンピック前の開業に間に合うのか
導入機能 Q11 施設内には、どのような店舗が入るのか
Q12 施設内には「観光協会」や「ふるさとガイドの詰所」が入ることになっていたのではないか。