「遺伝学講座・みしま」を開催します!

国内に唯一三島市にあり、遺伝学や生命科学の分野で常に最先端の研究成果を世界に発信し続けている国立遺伝学研究所の先生が、最新の研究についてわかりやすくお話ししてくださいます。
この機会に生命の不思議、遺伝について学んでみませんか。

開催日時

平成31年3月3日(日)午後1時30分~午後4時(予定) ※開場は午後1時

開催場所

三島市民文化会館小ホール(一番町20番5号)
※三島駅南口徒歩3分
※駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください

講師・演題

黒川 顕さん(国立遺伝学研究所教授)
「目に見えない細菌の世界~ヤツらはどこに居て何をしているのか?~」
今話題となっているヒトの腸内や、河川や海洋にはどんな細菌が居るのでしょうか?また彼らは何をしているのでしょうか?といった話をしていただきます。

相賀 裕美子さん(国立遺伝学研究所教授)
「しっぽはどうやってできるのか?-マウス遺伝学で解き明かす体の不思議」
マウスのしっぽや体は生まれるまでにどのように完成していくのか、遺伝学の観点からお話しいただきます。

定員・申込み

定員 350人(先着順)
申込み 平成31年2月28日(木)までに、政策企画課へ電話、FAX、メール、電子申請のいずれかで・氏名・連絡先・参加人数をお伝えください。
政策企画課 
電話055-983-2616
FAX055-973-5722
メールseisaku@city.mishima.shizuoka.jp
電子申請はこちらから