フリマアプリ等のフリマサービスは個人間取引 利用する際は慎重に!

オンライン上にて、フリーマーケットのように主に個人間による物品の売買を行えるフリマアプリを使用したフリマサービスでのトラブルが多発しています。

事例

フリマアプリで新品と書かれていたドライヤーを購入し、代金5千円をフリマアプリ運営事業者に支払った。しかし、届いた商品は、新品ではなく、電源ボタンも壊れていた。運営事業者にメールで問い合わせたところ、「アプリのメッセージ交換機能であなたと出品者とで連絡が取れているので、出品者と話し合って」と言われた。出品者が「返品を受けるので、先に評価をしてほしい」と言ってきたので、評価をすると一切連絡が取れなくなってしまった。(当事者:高校生 女性)

トラブルを回避するためのアドバイス

・フリマアプリ等のフリマサービスでの商品売買は、個人間取引(購入者と出品者の双方が消費者個人)です。トラブルは、当事者間で解決を図るように求められることを理解しましょう。
・フリマサービスでは、商品到着後に購入者が出品者を「評価」することで、自分が支払った代金が運営事業者から出品者に振り込まれるシステムになっていることもあります。商品の到着前や届いた商品に納得する前に、「評価」すると、代金だけ支払われて出品者と連絡が取れなくなるケースもあります。利用規約をよく理解して、慎重に取引を行いましょう。
・当事者間で話し合っても、運営事業者に相談しても交渉が進まない場合は、問題点の整理等を行うため、市民生活相談センターにご相談ください。