ガバメントクラウドファンディングを活用して史跡山中城跡の維持管理のための寄附を募ります(12月末まで延長します)

国指定史跡の山中城跡を良好な状態で後世へ引き継いでいくため、ふるさと納税制度を活用した“ガバメントクラウドファンディング”により皆様から寄附を募ります。魅力ある史跡公園として多くの観光客が訪れる「日本一美しい山城」となるよう皆様からのご支援を心よりお待ちしております。

ガバメントクラウドファンディングとは

 
山中城跡ツツジ
自治体が特定の目的のために多くの方から寄附を募るものです。
★ポイント1 ふるさと納税と同じく税控除が受けられます。
 寄附金額から2,000円を引いた額が最大で控除されます。
 (詳細はインターネット上の各種「寄附金額控除シミュレーション」をご参照ください。)
 ※三島市内在住の方も対象です!

★ポイント2 ご寄附いただいた方には返礼品をお送りします。
 ●5,000円以上ご寄附いただいた方には、四季折々の山中城跡をドローンで撮影した特別DVD映像をお送りします。
 ●50,000円以上ご寄附いただいた方先着10名様には、ドローン撮影イベント(※下記参照)で自分だけが写ることができるスペシャル撮影を行います。

ガバメントクラウドファンディングの目的

 近年のお城ブームの効果や日本遺産認定により一層注目が集まり、観光客が増加することが予想される山中城跡ですが、この広大な山中城跡の景観を維持していくためには多額の費用を要するため、クラウドファンディングを活用して寄附を募り、魅力ある史跡公園として三島市民をはじめ、全国からより多くの観光客が訪れる「日本一美しい山城」を目指します。

ガバメントクラウドファンディングによる寄附の流れ

1 寄附を申し込む
 ●ふるさとチョイスからのお申し込みは10月末をもって終了となりましたが、申込書によるご寄附は引き続
  き12月28日(金)まで受け付けております。

  なお、11月17日(土)のドローン撮影イベントまでのお申し込みであれば、イベントにご参加いただけま
  す。(イベント参加者にはドローンで撮影したDVD映像を後日送付します)
 ●寄附金額に応じて返礼品をお選びください。
    ↓
2 返礼品が届く
 ●返礼品の発送は平成31年2月頃の予定です。
 ●後日、寄附証明書をお送りします。
    ↓
3 確定申告する
 ●寄附証明書を確定申告時に提出すれば税金が控除されます。
 ●ワンストップ特例を利用できます。

史跡山中城跡とは

 
山中城跡
箱根西麓に位置する国指定史跡の山中城跡は、三島市制40周年にあたる昭和56年に史跡公園として公開され、市民の皆様に親しまれています。山中城跡は北条氏の築城技術を駆使して戦国時代末期に造られた城で、「障子堀」や「畝堀」が特徴です。400年前の遺構がそのまま復元されている山城は全国的にも珍しく、平成18年には日本百名城のひとつとして選定されるなど、郷土の誇る貴重な文化財です。また、春から夏にかけて色とりどりの花木も楽しめるほか、城からの眺望はよく開け、富士山や駿河湾を見渡すことができ、その景観も見ごたえがあります。
 しかしながら、第1期環境整備後約40年が経過し、城内の各所で堀や土塁の崩落が目立ち始めたため、平成24年度から平成30年度までの7ヵ年をかけて国や県の補助を受け再整備を実施しており、開園当時の復元状況に戻りつつあります。

寄附金の使途

史跡山中城跡の維持管理費用の一部に充てます
・張芝の手入れ
・雑木雑草の除去
・樹木の刈込み、剪定、伐採
・敷地内清掃など

募集内容

【募集期間】 8月1日(水)~12月28日(金)
       ※ウェブサイト「ふるさとチョイス」からのお申し込みは10月31日をもって終了となりました
       が、申込書によるお申し込みは引き続き受け付けております。

【寄附方法】 申込書にご記入いただき、財政課へ直接お持ちいただくか、FAX(055-973-5722)、郵送(〒411-8666三島市北田町4-47)、メール(zaisei@city.mishima.shizuoka.jp)のいずれかでお申し込みください。
       申込書はこちらからダウンロード してください。財政課(三島市役所本庁西館2階)、または郷土文化財室(三島市民生涯学習センター4階)にもございます。

【目標金額】 1,500,000円
【問合せ】 
 〔寄附金制度について〕財政課(983-2622)
 〔事業内容について〕郷土文化財室(983-2672)

関連事業“ドローン撮影イベント in山中城跡”

山中城跡俯瞰
【日時】平成30年11月17日(土)
    雨天の場合は18日(日)に順延
【内容】●ドローンでの撮影
    ●学芸員による山中城跡案内(普段は入れない障子堀や畝堀に入ることができます)
    ●発掘現場の見学
【対象】寄附していただいた方全員
    (金額に関わらず全員にイベント案内状をお送りします)
    ※全員で撮影したDVD映像を後日参加者にお送りします。