平成30年度より産婦健康診査の公費負担が始まります。

平成30年4月1日から産婦健康診査の公費負担が始まります。産婦健康診査とは、出産後間もないお母さんのこころとからだの健康状態を把握するための健康診査です。

対象

検査日に三島市に住民票のある産婦(平成30年4月1日以降に出産された方)

受診券の交付

平成30年3月31日までに母子手帳交付を受けた方については、出産予定日が平成30年3月15日以降の方に郵送で受診券を送付しています。
平成30年4月1日以降に母子手帳交付を受けられる方については、母子健康手帳別冊に受診券が綴じられています。
ご不明な方については、保健センターまでお問合せください。

受診時期

第1回(産後2週間)・・・概ね出産後5日から21日以内の外来受診時
第2回(産後1か月)・・・概ね出産後22日から56日以内の外来受診時
※実施機関により、第2回のみの場合もあります。

公費負担額

1回につき5,000円(上限)
※実施項目が満たない場合には全額自己負担となります。
※定められた内容以外の項目を実施された場合には、自己負担となります。

内容

・問診(生活環境・授乳状況・育児不安等)
・診察(子宮復古状況・悪露・乳房の状態等)
・体重、血圧測定
・尿検査(蛋白・糖)
・こころの健康チェック表

実施機関

静岡県と委託契約した医療機関・助産院
※産婦健康診査を実施していない場合もありますので、医療機関・助産院にご確認ください。その場合、通常の1ヶ月健診を自費でお受けいただくか、産婦健康診査実施機関にて受診してください。

受診方法

産婦健康診査受診票の裏面のこころの健康チェック表に事前にご記入の上、退院後の外来受診時に産婦健康診査受診票を提出して受診してください。
※受診結果により、医療機関等が早い時期に支援が必要だと判断した場合には、保健センターより連絡がいくことがあります。ご了承ください。

里帰り先で産婦健康診査を受診したい場合について

下記リンク先をご覧ください。