成人の風しん予防接種の一部助成をしています

 三島市では妊娠初期の女性が感染すると赤ちゃんに障がいがおこる「先天性風しん症候群」の発生を予防するため、風しんワクチン予防接種の接種費用を一部助成しています。
 風しんは今後も流行する可能性があります。ご結婚された人や妊娠を希望する女性は、ぜひ予防接種をご検討ください。

※注意※ 申請は予防接種を受ける前に必ず行って下さい。接種後の助成はできませんのでご注意ください。

 風しんやワクチンについての情報は厚生労働省ホームページをご覧ください。

助成期間

平成30年4月1日~平成31年3月31日まで

助成対象

三島市に住民登録がある人で、風しんの抗体検査の結果、予防接種が必要であると判定された以下のいずれかに該当する人

(1)妊娠を希望する女性
(2)妊娠を希望する女性の夫、同居するパートナー
(3)妊婦の夫、同居するパートナー

・妊婦または妊娠している可能性が高い人は接種することができません。
・接種前1か月、接種後2か月は妊娠を避けましょう。
・平成25年7月以降に三島市の助成を受けて風しんワクチンの予防接種を受けている方は対象にはなりません。
・抗体検査は静岡県が助成している抗体検査以外にも、自費、妊婦健康診査等で実施した風しんの抗体検査の結果でも予防接種の助成の申請は可能です。

・静岡県では抗体検査の助成制度を実施しています。抗体検査は無料で受けることができます。お申込み方法など、詳しくは、静岡県のホームページをご覧ください。

助成額

麻しん風しん混合ワクチン:5,000円(自己負担額5,800円)
風しんワクチン:4,000円(自己負担額3,644円)

・助成回数は1人1回です。
・できる限り麻しん風しん混合ワクチンの接種をご検討ください。

実施場所

H30風しん予防接種実施医療機関一覧
※指定外の医療機関で接種する場合の接種費用は、全額自己負担となります。

助成を受けるには

三島市立保健センター(健康づくり課)の窓口へ抗体検査の結果通知をご持参ください。
助成を受けるための「予診票」を発行します。

【アクセス】
三島市立保健センター(健康づくり課)

接種までの流れ

抗体検査の結果、予防接種の必要があると判定されたら・・・

(1)三島市立保健センターの窓口へ抗体検査の結果通知を持参し、予防接種の申込みをする。
(2)医療機関へ予約。
(3)予防接種を受ける。
(4)接種した医療機関で自己負担分の接種費用を支払う。

※市が発行した「予診票」を医療機関に持参することで、助成額を差し引いた接種料金で予防接種を受けることができます。