第2次三島市都市計画マスタープラン【平成29年 改訂】

平成29年12月、第2次三島市都市計画マスタープランを改定しました。

都市計画マスタープランとは

 都市計画マスタープラン(市町村マスタープランと呼ぶこともあります。)とは、都市計画法第18条の2に定める「市町村の都市計画に関する基本的な方針」のことをいい、住民に最も身近な地方公共団体である市町村の創意工夫のもと、住民の意見を反映させながら、市町村の都市づくりの理念や都市計画の目標に基づき、将来のまちづくりの課題、課題に対応した整備方針等を全体構想として総合的に明らかにするとともに、地域別構想として、あるべき市街地像、実施されるべき施策の方向を定めるものです。
 都市計画法上、都市計画は「都道府県が定める都市計画及び、市町村が定める都市計画」に分けられています。
 市町村が定める都市計画(用途地域や地区計画等)は、都市計画マスタープランに即して定めることになっています。

今回の改定にあたって

今回の改定にあたっては、
1 第4次三島市総合計画後期基本計画との整合
2 立地適正化計画など国の新制度への対応
3 「ふじのくにのフロンティアを拓く取組」関連事業や市街化調整区域における地区計画の導入など、都市的土地利用と自然的土地利用が調和した都市づくりの推進
4 歴史まちづくり計画の推進など、市の活性化や観光振興につながる施策の推進
の4点に主眼を置きました。

計画の内容

計画対象期間など
・計画目標年次
 平成32年(西暦2020年)までの10年間を目標とし、中間年次として平成27年(西暦2015年)を設定しています。
・改定時期
 社会動向の変化などを踏まえ、必要に応じて見直しを行うこととします。
・計画対象区域
 都市計画区域である三島市全域を対象とします。


「第2次三島市都市計画マスタープラン」の内容は次のとおりです。
 ごあいさつ・目次・はじめに
 第1章 序章
 第2章 現況とまちづくりの課題
 第3章 目指すべき都市の姿
 第4章 都市基本計画
   体系図
  (1) 土地利用基本計画
  (2) 都市施設基本計画
  (3) 都市環境基本計画
 第5章 地域別構想
  (1) 旧三島町地域
  (2) 北上地域
  (3) 錦田地域
  (4) 中郷地域
 第7章 実現化方策(まちづくりの基本的方向)
 第8章 長期的視野に立ったまちづくりの課題
 参考資料 用語集

計画書を販売しています

1部 1,000円 
販売窓口 都市計画課(三島市役所本庁舎西館3階)