表敬訪問 日本大学国際関係学部硬式野球部

 平成30年5月26日(土)に静岡市清水庵原球場で開催された「平成30年度東海地区大学野球春季選手権大会兼全日本大学野球選手権大会代表決定戦」において、「日本大学国際関係学部硬式野球部」が見事優勝を果たし、6月11日(月)~17日(日)に明治神宮球場および東京ドームで開催される「第67回全日本大学野球選手権大会」への出場が決定しました。報告のため、6月5日(火)に豊岡市長を表敬訪問しました。

日大4    日大2

 渡邉部長は「ここ数年はもう一つのところで全日本へ出場できなかったが、今回7年ぶりに出場する。応援よろしくお願いします」と語り、和泉監督は「予選は厳しい戦いだったが、集中力を切らさずに戦えた」と大会を振り返りました。
 選手たちは「周りの方々や、地域の協力で優勝できた。優勝目標に1試合1試合戦いたい」「苦しいゲームが続いたが、全日本出場が決まって良かった。日大国際関係学部の歴史を塗り替えたい」「静岡県、東海地区代表として決勝まで投げぬきたい」と意気込みを語りました。

 豊岡市長は「緊迫した試合を勝ち抜き、全日本出場おめでとう。1人1人が努力してつかみ取った結果。優勝目指して、コンディションに注意して悔いのない戦いをしてほしい」と激励しました。

日大3