平成30年度 親と子のスマホ・SNS安心情報ネットワーク会議 総会

平成30年7月20日(金)、市役所にて「平成30年度親と子のスマホ・SNS安心情報ネットワーク会議総会」を開催しました。
この会議は、日頃子どもたちの見守り活動を行う団体同士が連携し、情報共有を図ることにより、地域が一体となってスマートフォンやSNSなどのインターネットトラブルから子どもたちとその保護者を守るとともに、正しい情報モラルをもった人材育成を図ることを目的とし、平成28年11月の発足以来毎年開催しています。

構成団体

会議には、14団体21名が出席されました。
(1)相談・教育支援機関
  三島警察署(少年サポートセンター)、三島市人権擁護委員会
  三島市民生委員児童委員協議会、三島市社会教育委員会、市民生活相談センター
(2)市民ボランティア団体
  三島市PTA連絡協議会、三島スマホ安心アドバイザー
(3)情報セキュリティ専門機関
  一般社団法人セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
(4)行政機関
  市長事務部局(情報政策課、福祉総務課、障がい福祉課、発達支援課)
  教育委員会 (学校教育課、生涯学習課)

会議の概要

会議では、市内で情報モラル教育を行う団体や、市民ボランティア、情報セキュリティ専門機関と行政の各団体の取り組みの共有と、団体同士が連携してネットワークを構築し、地域が一体となった取り組みのさらなる強化に向けて、各構成団体からの活動報告のほか、今年度出席いただいた総務省東海総合通信局による「eネットキャラバン」の取り組み報告や、「障がいのある児童等およびその保護者を対象とした情報モラル教育の現状と課題」をテーマに講話が行われました。

  • H30ネットワーク会議2
    集合写真
  • H30ネットワーク会議1
    市長あいさつ