電動車いすの事故を未然に防ぐには!

電動車いすは生活の補助として行動範囲を広げてくれる製品です。しかし、通行を推奨されていない踏切を渡ることで事故が発生しています。電動車いすによって起きる事故を把握し、未然に防ぎましょう。

概要

踏切で発生した電動車いすの事故の原因について、「製品に起因しないもの」の事故原因が多く、その中には、不注意や誤った使い方に気を付けることで防げる事故が多くあります。注意点を把握し未然に防ぎましょう。

踏切で注意すべきポイント

■介護者とともに通行し、踏切の手前では一時停止及び左右の確認をする
■踏切の警報が鳴ったら、踏切に入らない
■踏切は直角に通行するようにし、端を通行しない
■踏切で立ち往生してしまったら、まず周囲の人に大声で助けを求める

私達ができること

電動車いすの使用者は事故発生時にひとりで対応できない方もいます。踏切で通行中や異変に気付いた一般の方々も事故を防ぐため、以下の点へのご協力をお願いします。
■通行中の電動車いすの人を見守る
■緊急時はためらわずに非常ボタンを押す

独立行政法人 製品評価技術基盤機構 nite➡関連資料
啓発ポスター➡電動車いすの事故