国民健康保険税の旧被扶養者減免に係る応益割額の減額期間が変わります

 国民健康保険税の旧被扶養者減免を受ける方について、平成31年度の課税から、旧被扶養者減免に係る応益割額(平等割額・均等割額)の減額を、2年間に限定することとなりました。これに伴い、平成29年4月以前から旧被扶養者減免を受けている方は、平成30年度で、応益割額の減額が終了となります。また、平成29年5月以降、旧被扶養者減免が承認された方は、2年が経過した時点で、順次、応益割額の減額が終了となります。なお、旧被扶養者減免に係る応能割額(所得割額)の減額につきましては、当分の間継続いたします。

※必要に応じて「平成31年度」は「令和元年度」に読み替えてください。