スルガマリンガールズ 家納もなみ選手 市長表敬訪問

Phoenix Cup 2019(世界野球ソフトボール連盟国際女子野球大会)優勝!

 静岡県唯一の女子中学生硬式野球チームのスルガマリンガールズは、昨年4月から7月にかけて開催された「Venus League(ビーナスリーグ)U-15」において、準優勝を果たしました。この成績により、三島市からは、中郷西中2年生の家納もなみ選手が、U-15日本代表に選出され、2月22日(金)から25日(月)にかけて開催された2019世界野球ソフトボール連盟国際女子野球大会(Phenix Cup (フェニックスカップ))に出場し、見事優勝を果たしました。 このため、スルガマリンガールズの岩見監督、福田コーチ及び家納もなみ選手(中郷西中)が3月4日(月)に豊岡市長を表敬訪問しました。  

 岩見監督は「決勝は日本のチームとの対決だったが、社会人のチームだったので中学生が勝ったのは本当にすごい。よく頑張ったと思います。」と話しました。

家納もなみ選手世界大会優勝(表敬訪問)_1 家納もなみ選手世界大会優勝(表敬訪問)_2

 家納選手は「(スルガマリンガールズから)2年生で1人だけ試合に出ることができた。優勝することもでき、とてもいい経験になったので行ってよかったです。」と語りました。

 豊岡市長は「家納選手はまだ2年生で中学生としてもう1年あるので、さらに頑張って活躍してほしい」と話しました。

家納もなみ選手世界大会優勝(表敬訪問)_3