2019年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。

消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられると同時に消費税の軽減税率制度が実施されます。これを受け、関係省庁が連携して同制度の円満な導入に向けた取り組みを推進しています。

制度開始までの準備など

 軽減税率制度は、全ての事業者の方に関係があります。特に、飲食料品を取り扱う(販売する)事業者の方は、税率ごとの商品管理やレジ・受発注システムの整備などの事前準備に相応の時間が必要な場合があります。早めの準備をご検討ください。
 また、軽減税率制度への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等の方が、レジの導入や受発注システムの改修等を行う際、その経費の一部を補助する「軽減税率対策補助金」の制度があります。



軽減税率制度の内容に関する相談【国税庁】

・消費税軽減税率電話相談センター(軽減コールセンター)
   0570-030-456(ナビダイヤル)9:00~17:00(土日祝日を除く)
・最寄りの税務署(電話相談センター)
   ※音声ガイダンスに従って「3」を選択 8:30~17:00 (土日祝日を除く)

レジ等導入・システム改修等の支援に関する相談

・軽減税率対策補助金事務局コールセンター【軽減税率対策補助金事務局】
   0120-398-111(フリーダイヤル)9:00~17:00 (土日祝日を除く)
   0570-081-222(ナビダイヤル)9:00~17:00 (土日祝日を除く)
   03-6627-1317(IP電話用)9:00~17:00 (土日祝日を除く)

消費税の転嫁等に関する相談や軽減税率制度の概要に関する問合せ

・消費税価格転嫁等総合相談センター【内閣府】
   0570-200-123 (ナビダイヤル)9:00~17:00 (土日祝日を除く)