三島市土地開発公社にかかる経営健全化方針について

平成30年2月20日付け総財公第26号「第三セクター等の経営健全化方針の策定について」(各都道府県担当部長・各指定都市担当局長あて 総務省自治財政局公営企業課長)により本市が策定及び公表を求められている、三島市土地開発公社にかかる経営健全化方針について公表します。

これは、平成29年度末において、三島市土地開発公社が保有する土地のうち、長期借入金があり、かつ保有期間が5年以上の土地の簿価総額(23億4,429万円)が、本市の標準財政規模(207億7,193万円)の10%以上となったことから、三島市土地開発公社への出資団体として本方針を策定・公表するものです。

なお、三島市土地開発公社では、保有している土地の一部について、駐車場など暫定的な利用を図ることにより毎年度大きな収益を得ているため、経常収支などから見た経営状況は良好なものとなっています。

三島市土地開発公社にかかる経営健全化方針について