令和元年度広島市平和祈念式中学生派遣事業を実施しました

R1広島全員
 三島市は、昭和34年12月21日市議会において「平和都市(各非武装)」を宣言し、平和都市実現のための事業を実施しています。
 
 この一環として、平成7年度から市内の中学生を毎年8月6日の広島市平和祈念式に派遣しています。これは、三島の将来を担う若い人たちに戦争の悲惨さや平和の尊さについて再認識していただき、そこで感じた思い等を多くの人に伝えていただきたいためです。

 派遣事業では、平和祈念式への参列や広島平和記念資料館の見学のほか、原爆死没者慰霊碑献花台への献花、原爆の子の像へ折り鶴の奉納、平和の泉への献水等を行い、平和への思いを胸に深く刻み込んできました。

 それでは、参加した8人の中学生が、広島市平和祈念式派遣事業を通して感じたことなどを紹介します。

三島市立錦田中学校 2年 松本 祥英 さん

松本さん
 1945年8月6日、あの悲劇は起こりました。たった一発の核爆弾でそれまで築きあげてきたものが一瞬にして消し飛んだのです。

 自分はそれを体験したわけではありません。ですが、広島の街に行って、原爆資料館で実際の写真を見たり、被爆された方々の絵を見ると、胸が押しつぶされてしまいそうになり、それ以上前へ進む勇気がなくなってしまいました。

 2日目の平和祈念式では、平和宣言やこども代表による平和への誓いなどを聞き、改めて「平和」というものの尊さを感じることができました。それと同時に「戦争」というものの影響なども考えることができました。

 今、世界に目を向けてみると、核兵器廃絶への動きも停滞しています。こうした中で、唯一の戦争被爆国として、また、その国民として、少しでも多く戦争の悲惨さを伝えていく必要があると思います。

 今回こうして広島に行き、平和について考えた2日間は、将来必ず役に立つと思います。小さな事からでも自分にできることをしていきたいと思います。

三島市立南中学校 1年 気田 知咲 さん

気田さん
 平和祈念式に参列する前日に広島平和記念館と原爆ドームに行きました。 広島市街の上空600mで爆破した原爆は、投下後1秒で一部を残してほぼ全かいさせてしまうほどの熱波で、こんなにも焼けてしまうことにおどろきました。

 平和記念館では、被爆者の着ていたものや持ち物などの写真や様子を表す絵を見学しました。この記念館に入る前の広島は、市電も走り、ビルもたくさんあって、とても都会的に感じていたけれど、74年前、原爆の投下により、一しゅんにして跡形もなく焼きつきされた街があり、全身にひどいヤケドを負っている人たちの写真を見て、日常と共に多くの命が奪われてしまったことや、今でも苦しみ続けている被爆者がいることを知りました。

 『原爆や戦争を単なる過去の出来事と捉えず、また被爆者や平和な世界を目指す人たちの声や努力を自らのものとして、たゆむことなく前進していくことが重要』『寄り添い助け合うこと、自分の周りを平和にすることは私たち子どもにもできること』

 平和祈念式の行われた平和記念公園も人々の暮らしがあった場所だったのです。その場所で聞いた平和宣言や平和への誓いをしっかりと受け止めて、考えていかなければならないと強く思いました。

 今続いている戦後が、ずっと戦後として続いていくように、今の私たちが、原爆のおそろしさ、平和の大切さをもっと深く知る必要があると思いました。そして、今回の経験を経て感じた事、学んだ事を、みなに伝えていきたいです。

 このような経験ができたことに感謝しています。ありがとうございました。一緒に行けたみんなにも、ありがとう。

三島市立北中学校 2年 岩田 和香 さん

岩田さん
 一瞬にして14万人の命を奪った原子爆弾。

 当時いた35万人のうち、その4割もの人が命を奪われ、さらに、多くの人が何十年にもわたって放射線の後遺症に苦しみました。

 この現実を知って、なんでこんな悲惨なことを人間はできるのかと思いました。

 私が印象に残っていることは、平和記念資料館で見た写真です。それは、背中が焦げてしまっている写真です。思わず目を伏せたくなるような写真でした。今では絶対に考えられない写真が多かったです。

 罪のない人々が、夢を追い続けていた人が、一瞬にして大切なものがうばわれてしまいました。私は原爆の悲惨さをたくさんの人に伝えていきたいです。二度とこのようなあやまちを繰り返さないように。原爆で亡くなった人の「死」を無駄にしないように。

 今回私は、平和を維持するためにはどうあるべきなのかを深く考えさせられました。とても貴重な体験でした。このような式に参加できたことを三島市、学校関係者の方々に感謝いたします。ありがとうございました。

三島市立中郷中学校 1年 宮下 陽瑠 さん

宮下さん
 僕は広島に行き、広島の勉強や戦争について、初めて、とても詳しく学びました。行く前から広島のことや原爆について調べましたが、実際に行ってみると、知らなかったことが多くありました。平和記念資料館では、インターネットやテレビでは見ることのできない悲惨な絵や写真がたくさんありました。僕はそれを見る度に鳥肌が立ちました。さらに、これらの絵や写真は本当にあったことなので、より恐怖を感じ、言葉を出すことができなくなりました。

 6日に行われた平和記念式典では、何万人の人々が真剣に式典に参加していて、世界が平和になるということを強く祈っていると感じました。そして、日本国民だけでなく、世界中の人々も式典に出席していて、世界中も平和を祈っていると感じました。原爆ドームを見学したとき、(これは、最初は何の建物だったんだろう。)と、思いました。なぜなら、この建物は原形をとどめていなかったからです。それほど、原爆が恐ろしいということを原爆ドームは物語っていたのです。

 昔の戦争を憎んでも、その憎しみは新たな争いを起こすきっかけになるだけ。昔の戦争は憎むものではなく、未来を変えるための1つの物事と捉えることで、変わるものがあると思います。

 いつかは戦争に遭った人がいなくなってしまいます。そうなると、また、悲惨な戦争が起こるかもしれません。それを阻止するためにも、戦争の悲惨さを知っている若者が、世界に発信する必要があります。僕はその若者の1人になっていきたいです。

三島市立北上中学校 2年 飯田 はるか さん

飯田さん
 8月6日午前8時15分に原爆が落とされました。
 約14万人もの人が死亡したといわれています。

 私は三島市の市の人口よりも多くの人が亡くなっていることに驚きました。資料館には、原爆にあった人の遺品や、原爆が落とされた時の状況を描いた絵や写真があります。皮膚がひどく焼けていたり、男なのか女なのかわからない状態の人々がうつされており、衝撃的なものでした。まるで自分が被爆地に立っているようで、心がしめつけられました。遺品を展示すると決めた遺族の話を聞くと、今までの74年間、原爆のことや亡くなった人の記憶を忘れることができず、苦しみながら生きていると知りました。

 私は悲しい気持ちになりました。74年経っても戦争の記憶は決して消えることはないのです。原爆は被爆者だけの傷だけではなく、遺族たちにも痛みを与えました。

 被爆者がいなくなる時代も遠くはありません。被爆者の記憶は歴史にかわりつつあります。歴史にしないために原爆への意識を高め、知る必要があります。被爆者たちの苦しみや悲しみの上に私たちは生きています。被爆者の願いを受け継ぎ、この悲しい記憶を次の世代に伝え、二度と戦争をしないことが私たちの使命です。

三島市立中郷西中学校 1年 巻井 優雅 さん

巻井さん
 僕は、広島市平和祈念式への参列や原爆ドームなどの施設を見学して、原爆の恐ろしさや、戦争がたくさんの人々に悲しみや苦しみを与えたことを感じました。

 広島に着いて最初に行ったのは、平和記念公園でした。緑がいっぱいで、74年前にここに原爆が投下されたことが信じられませんでした。

 広島平和記念資料館では、原爆が投下された時に亡くなった人の遺品や、原爆の資料が展示されていました。1発の原爆が多くの人の命を奪い、被爆した人など多くの人たちに悲しみや苦しみを与えていることを感じました。また、僕よりも幼い多くの子どもたちが、戦争の犠牲で殺されてしまったことについて悲しくなり、戦争の恐ろしさを知りました。

 原爆ドームにも行きました。原爆ドームを近くで見て、原爆の威力の大きさを感じました。原爆ドームは、原爆の恐ろしさをみんなに伝えているのだと思いました。

 広島平和祈念式には、たくさんの人たちが参列していました。大人や子ども、そして世界中から多くの人たちが参列していました。広島市長や子どもたちの話を聞き、原爆は絶対に繰り返してはいけないと思いました。今でもミサイルや地雷など、人を殺す兵器がなぜ作られているか僕にはわかりません。いつか世界中の人たちが仲良くなり、世界から兵器が無くなればいいのにと思いました。

 僕は今回経験したことや、戦争の恐ろしさをみんなに話したいと思います。

三島市立山田中学校 2年 荒川 凌 さん

荒川さん
 僕は、今回の平和祈念式に参加して、改めて、平和について考えることができました。

 また、原子爆弾という、とても恐ろしい兵器を使用することとなった戦争の残酷さも、改めて考えることができました。

 ボロボロになった学生服、亡くなった人々の様々な遺品、当時被爆した人々の描いた爆発直後の絵など、原子爆弾による被害の悲惨さがわかる物を見て、とても心が痛みました。

 原爆投下から74年が経った今でも、放射線によって苦しんでいる人が多くいて、心身ともに苦しんでいると知り、原爆の恐ろしさを知ることができました。

 今の私たちの生活からは、戦争のような出来事は想像もできません。しかし、過去には戦争というものが起こり、原子爆弾という兵器が使われ、多くの人々が亡くなっていったという出来事があったということを忘れないように、今の自分たちが知り、未来に伝えていき、二度と原爆のような兵器を使わせず、戦争をおこさないようにすることが、今の私たちに出来ることだと思いました。

日本大学三島中学校 3年 中本 昂輝 さん

中本さん
 私がこの広島市平和祈念式派遣事業に参加しようとした理由は、去年参加した日本大学三島中学校の先輩による、原爆についてのプレゼンテーションが学校で行われたとき、「私もこの日本という国で実際に起きたことなので知りたい。もう二度と原爆という悲しい思いをして欲しくない」と思ったからです。

 資料館には、数々の遺品や当時の写真がありました。数々の遺品や写真を見て、本当に胸が張り裂けそうになりました。その中で、私が一番印象に残っているのが「滋くんの弁当」と題された真っ黒な弁当箱でした。説明を読むと、当時中学一年生だった滋くんは、爆心地から約600mのところで被爆したそうです。滋くんのお母さんは、必死になって破壊された街から息子を探しましたが、見つからず、知人の情報でようやく滋くんの遺体と、遺体に抱えられた真っ黒な弁当箱を発見しました。滋くんは戦地に行った父や兄に代わって母のために畑仕事をしていました。原爆投下の日は、畑で初めて収穫した作物でつくったおかずをつめて、お弁当を喜んで持って行ったらしいです。

 もしも、自分の家族や友人が原爆で亡くなってしまったら…と考えるだけでも怖くなってきます。

 私はこのような悲惨なことが二度とおこらないように、そして、実際に日本であったということを多くの人に知ってもらうために、広島市平和祈念式中学生派遣事業で得た情報を共有していきたいです。