あおり運転厳罰化~思いやり運転で交通事故ゼロへ

令和2年6月30日施行の改正道路交通法では、「あおり運転」を「妨害運転」と規定し、「あおり運転」に対する罰則が新設されました。

あおり運転の被害にあったときは

□直ちに警察に110番通報しましょう。もし同乗者がいる場合は同乗者が110番通報しましょう。
□警察が来るまでは車外へ出ず、ドアをロックして、車内で待機しましょう。
※ドライブレコーダーなどで相手の行為を撮影し記録に残しておくことが大切になります。
 事前準備として、ドライブレコーダーを取り付けるなどの対策をとりましょう。

あおり運転の加害者にならないために

 普段は安全運転・走行を心がけていても、疲れていたり急いでいたりすると、心に余裕がなくなり、苛立ちや怒りをもつことがあるかもしれません。
 安全運転には、他の車や歩行者など周囲への思いやりや気配りが大切です。
 もし、気持ちに余裕がないと感じるときは、一度心を落ち着かせ、大きく深呼吸してから運転しましょう。

自転車運転者講習制度の危険行為に「あおり運転」が追加されました

 自転車も車両です。
 逆走や進路変更などの危険行為を繰り返し行った場合、自転車運転者講習会の受講が義務付けられており、今回の法改正により、「あおり運転」も危険行為に追加されました。