不用品の買い取りの勧誘に注意しましょう

突然の電話、訪問に注意しましょう

「この地域で不用品の買い取りで回っている」などと言い、不用品を買い取る名目で、家に上がり込み貴金属を買い取る事例が発生していますので注意しましょう。

訪問買い取りに対する心得

以下の心得を学んで対応しましょう。
  • いきなり訪問してきた業者に応対しない。
  •  突然に訪問して勧誘することは禁止されています。
     そのため最近は、電話で事前に連絡してから訪問してくる事例が増えています。
  • 事前に買い取りを承諾をした物品以外売らない。
  • 消費者が勧誘で受け入れた物品以外の物品の勧誘をすることは禁止されています。
     もし、勧誘を受け入れていない物品のを買い取りをしようとした場合は、「予定にないものは買い取りを拒否します」とはっきりと言いましょう。
     承諾した物品を売却した際には、物品の種類や特徴、購入価格、クーリング・オフ等について記載された書面の交付を求めてください。
  • 売却後、8日間は物品を引き渡さない。
  •  消費者はクーリング・オフ期間中(法律で定められた書面交付から8日間以内)物品の引渡しを拒むことができます。
     遺品整理で故人のものを処分する際などに引き渡していいのか冷静に考えてください。
  • むやみに貴金属を見せない、触らせない。