未来レター 10年後の私に手紙を書いてみませんか

自分の未来、そして、まちの未来を手紙に

未来レターチラシ画像

未来レターとは

三島市役所などで配布する専用の用紙(封筒・便箋)を使って、自分に向けて手紙を書いてください。
10年後の2032年1月にご自宅(指定先)へ郵送でお届けします。

未来レター用紙

1 専用用紙の配布期間・回収箱の設置期間

令和3年12月17日(金)~令和4年2月4日(金)

未来レター回収箱

2 専用用紙・回収箱の設置場所

(1)三島市役所 玄関ロビー
(2)三島市民生涯学習センター 1Fホール
(3)三島市立北上公民館(北上文化プラザ)
(4)三島市立錦田公民館
(5)三島市立坂公民館
(6)三島市立中郷公民館(中郷文化プラザ)
※各施設が開館している曜日、時間に受け取り、投函できます。
※郵便ポストには投函しないでください。

未来レターブース

3 参加対象

三島市在住もしくは在勤、または、三島市に興味・関心がある人

4 未来レターの出し方

(1)専用用紙の設置場所で、未来レターの様式を受け取ります。
(2)専用用紙に、10年後の自分あてに手紙を書きます。
 ※写真は、1枚まで入れることができます。
(3)100円分の切手を封筒に貼り付けます。
(4)各施設に設置の回収箱に未来レターを投函します。

5 よくある質問

Q1 三島市外に住んでいますが、未来レターに参加できますか?
A1 参加対象を「三島市に興味・関心がある人」とさせていただいています。「三島が好き!」という方であればどなたでも参加していただけます。

Q2 自分が持っている封筒と手紙に書いてもいいですか?
A2 「専用のレターセット」を市の公共施設(6箇所)に設置していますので、そちらを使用してください。

Q3 今後、引っ越しをする予定です。住所が変わると思いますが参加できますか?
A3 参加していただけます。10年後の配達時に不達となった場合は、市から電話で問合せをしますので、封筒表面の「電話番号」を必ず記載しておいてください(提出後は記載した住所を変更することはできません)。

Q4 封筒の中に入れて良いのは専用用紙だけですか?
A4 「専用用紙以外の用紙(別紙に描いた似顔絵など)」は1枚まで、「写真」は通常サイズ(L版)であれば1枚まで、それぞれ入れることができます。

Q5 封筒に記載した住所と電話番号の両方が10年後に変わっていた場合はどうなりますか?
A5 電話連絡で確認がとれない場合は、市で最長1年間(2033年まで)保管します。10年後の配達時(2032年1月下旬まで)に手紙が届かない場合は、広報担当課までお問合せの上、三島市役所へ受け取りに来てください(封筒へ記載した住所と違う場所へ再郵送を希望される場合など、別に郵便料金が発生する場合は、参加者様のご負担とさせていただきます)。