予期しない死亡の原因を調査し、再発防止を図る制度とは? ~医療事故調査制度~

医療事故調査制度とは

医療の場における予期しない死亡の原因を調査する「医療事故調査制度」が、2015年10月に開始されました。
この制度の目的は、医療法で定める医療事故が発生した医療機関において院内調査を行い、当センターにおいて、その調査報告を収集し整理・分析することで、医療事故の再発防止につなげるという、医療の安全を確保することにあります。 (医療事故の原因究明と再発防止を図ることによる医療安全の確保であり、個人の責任を追及するものではありません。)
制度の詳細については、一般社団法人日本医療安全調査機構のホームページをご確認ください。