ホーム > 四季の俳句入選作品発表

四季の俳句入選作品発表

楽寿園では年間を通して楽寿園を題材とした俳句を募集しています。毎年3月に選句会を実施し入選した方に記念品をお送りしています。昨年度は78句の投句をいただき以下の作品が入選されました。ご来園の際に、ぜひ一句詠んでみてはいかがでしょう。

平成27年度 四季の俳句 (入賞作品)
特選  もみじのは さらさらゆれて うたってる (7歳女児)
特選  走り根の 息づいてをり 鳥の恋     (74歳)
特選  大輪に 近づくレンズ 菊花展      (75際男性)
特選  落ち葉踏む 音も七色 楽寿園      (75歳女性)
入選  ゆきのひに かまくらつくろ ひみつきち (9歳)
入選  風かおる 春の気配の 楽じゅえん    (9歳男児)
入選  小径には 万葉の歌 春時雨       (78歳女性)
入選  石橋を 支へる石柱 藤芽吹き      (70歳女性)
入選  門柱の 上にそびゆる 春の富士     (85歳男性)
入選  初もみぢ ことぶきはしを 渡りけり   (66歳女性)
入選  紅葉初む 木々の映れる 小浜池     (36歳女性)
入選  水の面に 秋をあつめて 小浜池     (69歳男性)
入選  菊盆栽 小さいながら 大景あり     (80歳男性)
入選  盆景の 中の山城 菊まつり       (72歳女性)