トップページ > 市の紹介 > 地勢・歴史 > 目で見る「三島の歴史」27,000年のあゆみ

ここから本文


目で見る「三島の歴史」 27,000年のあゆみ

桜花爛漫の三嶋大社

清楚、多呂の夏

紅炎、玉沢妙法華寺

豊饒の里、小沢



   先土器時代
      ・ナウマン象や大ツノジカを追う狩猟民
      ・おとし穴か? 土抗を発見

    縄文時代(約1万年〜2300年前)
      ・土器と弓矢が登場
      ・縄文人の狩猟、採集地か 観音洞(かんのんぼら)遺跡

    弥生時代(約2300年〜1700年前)
      ・河川の流域で米づくりが始まる
      ・弥生式土器はツボとカメが中心

    古墳時代(約1700年〜1300年前)
      ・市内最古の古墳は五世紀末
      ・竪穴(たてあな)住居にカマドや貯蔵穴が登場

    奈良・平安時代(約1300年〜800年前)
      ・古代政治の中心地は三島
      ・人々の住居はそまつな堀立柱の竪穴(たてあな)
      ・三島は仏教の中心地
      ・いまに残る平安・鎌倉古道(旧道)のおもかげ

    中世(鎌倉時代〜室町時代)
      ・中世は三嶋大社を中心に展開
      ・旧暦1月6日が御田打(田祭)
      ・妙法華寺の文化財
      ・室町時代の生き証人たち
      ・室町時代(天正18年3月29日)戦乱の山中城
      ・史跡「山中城跡」発掘調査スナップ

    江戸時代
      ・東海道三島宿、三島代官所
      ・樋口本陣の門、世古本陣の門
      ・箱根旧街道西坂
      ・白隠 龍沢寺を建立(1761年)
      ・三島宿の暮らし
      ・石造物に見る民間信仰
      ・陣屋と農兵、ノーエ節
      ・いまに生きる江戸時代のおもかげ

    明治時代
      ・明治元年6月三島は韮山県に
      ・三嶋大社再建される
      ・楽寿園と田方郡役所
      ・田方郡立三島高等女学校(県立三島北高校の前身)開校
      ・栗原忠二と野口三四郎
      ・明治39年(1906年)チンチン電車走る

    大正時代
      ・デモクラシーの広がり
      ・大正のおもかげ
      ・軍隊が三島にやってきた
      ・三島町立三島商業学校(現在の県立三島南高校)開校
      ・蒸気機関車から電車になる
      ・関東大震災(大正12年9月1日)
      ・幼稚園や小学校のこどもたち

    昭和初期(1)
      ・三島町時代
      ・昭和4年三島測候所の誕生
      ・昭和5年11月26日午前4時02分 北伊豆地震 規模M:7.3

    昭和初期(2)
      ・三島町時代
      ・昭和9年12月1日三島駅開業
      ・三島実科高等女学校(三島高等学校)誕生

    昭和中期(市制施行前)
      ・昭和10年4月北上村を合併
      ・昭和10年代の錦田村スナップ
      ・昭和10年代の楽寿園、三島駅周辺
      ・奉納 花火ポスター

    昭和16年(市制施行)〜昭和19年
      ・昭和16年4月29日三島市誕生
      ・合併記念 三島市錦田女子青年団
      ・昭和16年〜19年 戦時下の生活
      ・国やぶれて山河あり

    昭和20年〜39年
      ・昭和20年 終戦、農地改革、民主化、六三制のスタート
      ・復興する三島に国立遺伝学研究所
      ・昭和20年代 戦後の発展へ第一歩
      ・楽寿園開園 昭和27年7月14日
      ・昭和29年3月31日 中郷村を合併
      ・昭和23年8月 皇太子殿下(現在の天皇陛下)夏梅木へ
      ・昭和30年代の小学校
      ・昭和34年 三島市誌の刊行
      ・昭和33年 狩野川台風
      ・重化学工業に重心をおく
      ・昭和35年 新庁舎落成、市制20周年
      ・高度成長期の三島市
      ・三島のわき水、枯れ始める
      ・昭和39年 石油化学コンビナート建設反対

    昭和40年〜
      ・昭和40年 初の名誉市民に佐野隆一翁
      ・昭和43年 下田バイパス線(国道136号線)開通
      ・昭和44年 新幹線三島駅開業
      ・昭和45年 市制施行30周年
      ・安定成長期にはいる三島市政
      ・環境衛生や福祉施設の充実へ
      ・昭和49年7月7日〜8日 七夕豪雨
      ・沢地小開校、元山中の畑地総合整備事業
      ・昭和50年代の三島の伝統的工業
      ・三島傘のありし日
      ・昭和52年 市民体育館落成
      ・昭和55年 中学の新設校 北上中、中郷西中
      ・昭和54年9月12日 浩宮(現在の皇太子殿下)史跡「山中城跡」へ
      ・美しい自然に囲まれ、豊かな生活が楽しめるまちに(1)
      ・美しい自然に囲まれ、豊かな生活が楽しめるまちに(2)
      ・のびゆく「三島」(1)
      ・のびゆく「三島」(2)
      ・のびゆく「三島」(3)  
      
 

この情報に関する問い合わせ先

担当課名 教育部文化振興課
電話番号 055-983-2672/FAX 055-972-3304