トップページ > 市の紹介 > 地勢・歴史 > 目で見る「三島の歴史」27,000年のあゆみ > 三島町立三島商業学校(現在の県立三島南高校)開校(大正時代)

ここから本文


三島町立三島商業学校(現在の県立三島南高校)開校(大正時代)

   

 大正9年新校舎落成
大正8年に開校した三商は翌年町民の大きな期待が結集して、新校舎が落成しました。
この校合からは多くのすぐれた人材を輩出し三島の発展につくしています。

 
 

 校内射撃大会
大正から昭和20年の終戦までは、学校生活の中で軍事演習は重要な比重を占めていました。
   

 昭和2年ごろの正門
三商は時代とともに変遷、昭和19年には工業高校に転換、23年に県立に移管し静岡県立三島第二高等学校となり、24年に静岡県立三島南高等学校と改称し現在に至っています。
   
軍隊が三島にやってきた(大正時代) 蒸気機関車から電車になる(大正時代)

この情報に関する問い合わせ先

担当課名 教育部文化振興課
電話番号 055-983-2672/FAX 055-972-3304