令和元年度「ママが楽しく学ぶ防災講座」を開催しました


 平成26年女性の視点での防災対策意見交換会において「もっと身近で気軽に参加できるような防災講座を開催してほしい。」という子育て中のママの意見に応えて、『ママが楽しく学ぶ防災講座』(全3回)を開催しました。参加しやすいように子どもの託児も行いました。

第1回 11月11日(月)開催 「救命救急講習」

 小児や乳児に特化した内容で、胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの使用方法、異物除去法など実技を中心に学んでいただきました。

開催日時:令和元年11月11日(月)9:30~11:30
開催場所:富士山南東消防本部3階会議室 
講師:富士山南東消防本部警防救急課
参加者:10人(託児利用7人)

【内容】
・胸骨圧迫
・人工呼吸
・AED使用方法
・異物除去
・応急手当(やけど、骨折、水難事故、熱中症)

  • ママ講座一回①
  • ママ講座第1回②

《参加者の声》
・実技があって良かったです。忘れないよう、定期的にあればなおありがたいです。
・このようなことを習う機会がなく、広報で案内をみつけて応募しました。ぜひ全ての大人が受けるべきと思います。知っていると知らないでは自分の行動が大きくかわると思います。

第2回 11月26日(火)開催「楽しく学ぶ! おうち防災20 連発!~ママは我が家の防災リーダー~」

 親子で楽しみながら実践できる防災対策をご紹介いただきました。「自分の命は自分で守る!」という意識を日常生活の中で、無理なく楽しく根付かせるための防災アイディアを学んでいただきました。

開催日時:令和元年11月26日(火)10:00~正午
開催場所:生涯学習センター 5階 第4研修室 
講師:ママ防災アドバイザー 高良 綾乃 氏
参加者:9人(託児利用2人)

  • ママ講座第2回①
  • ママ講座第2回②

《参加者の声》
・すぐにできそうなゲーム、本なども紹介して頂いて良かったです。いつやるか決めて子どもと楽しくやってみたいと思いました。
・自分が子供を守れるように…!と参加しましたが、子供自身も自分で身を守れるように!の視点に目からウロコでした。

第3回 12月17日(火)開催「ポリ袋で離乳食からおやつまで~いざという時も温かくおいしいごはんを~」

 災害時、排水ができない、食器がない、水やガスが限られているといった状態でも温かくおいしいごはんが食べられるように様々な工夫や高密度ポリエチレン袋を使用した調理方法などを学んでいただきました。

開催日時:令和元年12月17日(火)10:00~正午
開催場所:生涯学習センター5階 料理講習室 
講師:ママ防災アドバイザー 高良 綾乃 氏
参加者:18人(託児利用7人)

【メニュー】
・サバ缶キーマカレー
・乾物サラダ
・蒸しパン

  • ママ講座第3回①
  • ママ講座第3回②


  • ママ講座3回③
  • ママ講座3回④

《参加者の声》
・水がない、水が排水できない、皿はしが少ない状況まで考えながらおいしく楽しく学べました。
・災害時は、当たり前が当たり前じゃない状況というのがよくわかりました。いかにムダを出さず、でも楽しくできて。普段からもやってみたいと思いました。