10月は3R推進月間です

3Rとは、ごみの発生・資源の消費をもとから減らすこと(Reduce:リデュース)、くり返し使うこと(Reuse:リユース)、資源として再利用すること(Recycle:リサイクル)の略称です。
限りある資源を有効利用し、資源を有効的に繰り返し使う社会(循環型社会)を形成するために、3R推進月間のこの機会に、普段の生活の中で3Rを心がけましょう。

心がける5つのポイント


エコバッグ
その1【マイバッグを持参し、レジ袋等を断わる】


レジ袋等を使用するとその分ごみが増えてしまいます。普段からマイバッグを持参し、レジ袋等を断る習慣を身につけましょう。


マイボトル
その2【マイ箸、マイボトル(水筒)を利用する】


使い終わった箸、飲み終わったペットボトル等は、そのままごみになってしまいます。普段から持ち歩き、割りばしを使わない、ペットボトル飲料等の購入を控える習慣を身に付けましょう。


買い物
その3【必要なものを必要な量だけ購入する】


特売や安売りでつい買いすぎてしまいがちですが、食べきれなかったり、使われずにごみになる可能性があります。必要なものを必要な量だけ購入する習慣を身につけましょう。


その4【過剰な包装を断り、簡易包装を選んで購入する】


なるべく簡易包装やばら売りを選んで買い物をしましょう。(包装の費用は売価に含まれています)プレゼント用でも過剰な包装をしないよう心がけましょう。


その5【詰め替え商品を選ぶ】


シャンプーなど多くの詰め替え商品が販売されています。容器は何度も使うことが出来るので、詰め替え商品の購入を心がけましょう。



↓【参考】Re-Styleサイト↓
※地方公共団体の3Rに関する取組や行事の開催情報、音楽・映像等を紹介している環境省の特設サイトです。


Re-Styleサイト