夏に注意!子どもの水遊び中の事故

夏は海やプールなどの水遊びが楽しい季節です。一方で水遊び中に子どもが溺れたり、思わぬ怪我をしたりする事故も起きています。

事故の事例

〈事例1〉子ども用プールで遊んでいたが親が目を離したすきに、隣の大人用プールにうつぶせで浮かんでいた。すぐに引き上げ気道確保し、救急搬送した。
〈事例2〉プールサイドで転倒し後頭部を打撲、数回嘔吐した。
〈事例3〉公園で遊んでいて噴水の出る金属の筒をまたいだ際に水が噴出し負傷、出血した。

水遊びをするときの注意点

◆子どもが水遊びをするときは、大人が付き添い、目を離さないようにしましょう。
◆プールや水遊び場は滑りやすく、段差や吸水口・排水口などの危険個所もあります。子どもに注意を呼びかけましょう。

海や川であそぶときの注意点

・天候の変化に注意し、悪天候のときは近づかない。
・遊泳禁止や離岸流などの場所を確認し、危険な場所では子どもを遊ばせない。
・釣りをするときやボートに乗るときはライフジャケットを着用する。

自然の危険性を認識し十分に注意して遊びましょう。