自動車臨時運行許可(仮ナンバー)

自動車臨時運行許可(仮ナンバー)の申請などを行います。

自動車臨時運行許可制度とは

自動車が道路を走行するためには、「登録を受けている」「自動車検査証を備えている」などの運行要件を満たしていなければなりませんが、その運行要件を満たしていない場合、自動車の製造・販売等流通過程および検査・登録制度上必要となる最小限の運行について、行政庁の許可により特例的に運行できるようにする制度です。

  1. 臨時運行許可の対象となる自動車
    • 普通・小型・軽自動車
    • 大型特殊自動車
    • オートバイ(排気量250ccを超えるもの)
  2. 臨時運行許可の対象となる運行目的
    新規登録のための回送 新規に自動車を登録すること
    新規検査のための回送 新規に自動車を使用するときに受ける検査
    予備検査のための回送 販売店等が使用者が定まらないうちに商品として受ける検査
    継続検査のための回送 自動車検査証の有効期間満了後も自動車を使用するときに受ける検査
    試運転のための回送 製作した自動車の性能を試験するための運行
    その他の検査のための回送 規格等に変更を生じるような改造をしたときに受ける構造等変更検査等
    その他特に必要がある場合 販売のための回送
    車両整備のための回送
    再封印のための回送
    自動車登録番号標(ナンバー)等の再交付手続き等のための回送

  3. 臨時運行許可の有効期間
     運行の目的や経路から判断して、5日以内の必要最小日数を許可します。
  4. 自賠責保険(共済)の加入
     臨時運行許可の有効期間内は、必ず自賠責保険(共済)に加入していなければなりません。

申請方法

  1. 受付窓口  
    • 市役所本館1階市民課窓口
        月曜日から金曜日‥‥ 午前8時30分~午後5時15分まで
       ※ ただし、祝日・年末年始(12月29日~1月3日)を除きます。
  2. 必要なもの
    • 自動車臨時運行許可申請書(申請窓口または、市役所ホームページからダウンロードしてください。)
    • 自動車検査証等の自動車の形状や車台番号が確認できる書類(原本)※1
    • 自賠責保険証明書又は自賠責共済証明書(必ず原本)
    • 申請者の印鑑(個人の場合は認め印、法人の場合は法務局に登録した代表者印)
    • 申請者の運転免許証(個人申請の場合に必要、事業所は不要)
    •  
  3. ※1 やむを得ず原本を提示できない場合は市民課までお問い合わせ下さい。

  4. 申請手数料  750円

有効期限が満了したときは

臨時運行の許可を受けると、臨時運行許可番号標(仮ナンバー)と臨時運行許可証を交付されますが、許可の有効期間が満了したときには、その日から5日以内に臨時運行許可番号標(仮ナンバー)と臨時運行許可証を返納しなければなりません。

申請書ダウンロード