楽寿園と田方郡役所(明治時代)

明治25年(1892)楽寿園できる

襖絵(池中鯉魚図) 野口幽谷筆
襖絵(池中鯉魚図) 野口幽谷筆
 小松宮が水上の地に別邸を建築されたのが楽寿園の始まりです。宮の広い趣味により楽寿館は京風建築の手法で建てられ、室内には当時の一流画家によって描かれた襖絵(ふすまえ)210面が県の文化財に指定されています。
  • 楽寿館
    楽寿館
  • 楽寿の間
    楽寿の間

日清戦争(1894)記念碑

日清戦争(1894)記念碑
 田方郡から出征した軍人の氏名を刻んだ碑が、大社境内に立てられました。

田方郡役所ができる

田方郡役所ができる
 明治22年これまでの三島宿は三島町となり、明治29年には新しい郡制により、田方郡に所属しました。郡役所は、田町駅の南に開設されました。

目次

先土器時代


縄文時代(約1万年~2,300年前)


弥生時代(約2,300年~1,700年前)


古墳時代(約1,700年~1,300年前)


奈良・平安時代(約1,300年~800年前)


中世(鎌倉時代~室町時代)


江戸時代


明治時代


大正時代


昭和初期


昭和中期(市制施行前)


昭和16年(市制施行)~昭和19年


昭和20年~39年


昭和40年~