電動シャッター動作時の事故に注意しましょう。

電動シャッターはモーターの強い力により動いているため、降下しているシャッターカーテンは大人の力でも止めることは困難です。また、チェーンの破断などによりシャッターカーテンが急激に落下して事故に至るケースもあります。重大な事故につながる危険性が高く、死亡者も出ています。 今回は、電動シャッターを所有又は使用する方への注意点や、ふだんの生活における一般的な電動シャッターに関する注意点をまとめました。

電動シャッター事故の事例

電動シャッター閉操作時の事故や、シャッターカーテンのチェーンの破断による急降下による事故が起こっています。
消費者庁サイトからの事例➡電動シャッター事故

電動シャッターを操作する方への注意

◆電動シャッターの操作はシャッターの下に人がいないことを確認してから行いましょう。
◆動作中の電動シャッターの下はくぐらないようにしましょう。
◆電動シャッターを操作するときは、最後の停止まで見届けましょう。

電動シャッターをお持ちの方への注意

◆可能な限り安全装置を取り付けましょう。
◆異常の早期発見のために、日常点検及び定期点検をしましょう。

安全装置や定期点検などのお問い合わせ先がわからない場合は

◆取扱説明書やシャッターの本体の確認をしましょう。
取扱説明書には、安全に関する注意や日常点検の方法のほかに、修理や定期点検などに関する連絡先が記載されています。
◆お近くの工務店に相談しましょう。
連絡先が確認できない場合はシャッターを設置した工務店などに確認しましょう。