文芸三島

『文芸三島』とは

文芸三島
 『文芸三島』は、文芸活動に関心をもつ市民の皆さんの作品を掲載した文芸誌です。昭和53年度に創刊して以来、令和2年度で第43号の発刊となりました。
 小説・評論・随筆・詩・短歌・俳句・川柳・はめ字文の8部門からなり市民の文芸活動発表の場として定着しています。


最新号「文芸三島第43号」についてはこちら

選者・編集委員

部門・選者                                                
小説 水上 洪一(みずかみ こういち) マーケティングプランナー ほか
評論 関口 昌男(せきぐち まさお) 静岡県東部看護専門学校学校講師、沼津観光ボランティア顧問 ほか
随筆 小松 繁生(こまつ しげる) 図書館司書、NPO法人ウォータービジョン理事 ほか
中久喜 輝夫(なかくき てるお) 静岡県詩人会前会長、静岡県文学連盟会員、静岡大学客員教授 ほか
短歌 藤岡 武雄(ふじおか たけお) 歌人、文学博士、日本歌人クラブ顧問、斎藤茂吉を語る会顧問 ほか
俳句 後藤 秋邑(ごとう しゅうゆう) 俳人、元高校教師、公益社団法人俳人協会会員、元静岡県俳句協会常任理事 ほか
川柳 井口 なるあき(いぐち なるあき) 川柳愛好家、川柳ともしび吟社所属、三島現代地口川柳の会会長 ほか
はめ字文 田熊 清彦(たぐま きよひこ) 医師、三島はめ字文の会会長、「静岡保険医新聞」はめ字文選者 ほか

編集委員                        
藤岡 武雄(ふじおか たけお) ※選者(短歌部門)と兼任
関口 昌男(せきぐち まさお) ※選者(評論部門)と兼任
湯川 邦子(ゆかわ くにこ)
水上 洪一(みずかみ こういち) ※選者(小説部門)と兼任
君山 宇多子(きみやま うたこ)
小松 繁生(こまつ しげる) ※選者(随筆部門)と兼任
田熊 幸代(たぐま さちよ)
中久喜 輝夫(なかくき てるお) ※選者(詩部門)と兼任

文芸三島第43号 作品応募要項


応募資格・締切り
応募資格   市内に在住、通勤・通学、または市内で活動する文芸団体に加入している者。 ※駿豆地区の高校に通う学生に限り例外とし、市外在住でも受け付ける。   
応募締切り   令和2年7月31日(金)  



応募先
三島市産業文化部文化振興課
〒411-8666 静岡県三島市大社町1-10
電話番号:055-983-2756/FAX:055-981-7720
メール:bunka@city.mishima.shizuoka.jp

文芸三島第43号応募の詳細はこちらをご覧ください

審査結果

 受賞者の発表は、『文芸三島第43号』の発行をもってかえさせていただきます。

表彰式

令和2年12月中旬を予定しています。

※文芸三島第43号表彰式の開催の可否につきましては、今後の新型コロナウイルスの感染症拡大情況により判断します。


文芸三島第42号表彰式の様子はこちら