予防接種の接種間隔やスケジュールについて

麻しん(はしか)や百日せきのような感染症の原因となるウイルスや細菌または菌が作り出す毒素の⼒を弱 めて予防接種液(ワクチン)をつくり、それを体に接種して、その病気に対する抵抗力(免疫)をつくること を、予防接種といいます。 予防接種に使うワクチンには、大別して⽣ワクチン、不活化ワクチンの2種類があります。

〇生ワクチン︓生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもの(麻しん、風しん、BCG、水痘)
〇不活化ワクチン︓細菌やウイルスを殺し抵抗力(免疫)をつくるのに必要な成分を取り出して毒性をな くしてつくったもの(ジフテリア・百日せき・破傷風(DPT)、ポリオ、日本脳炎、ヒブ、肺炎球菌(小児用)、子宮頸がん予防、B型肝炎)

異なった種類のワクチンや同じ種類のワクチンを複数回接種する場合には、それぞれ定められた間隔があり ますので、誤らないようにしてください。計画を立てて接種しましょう。

〇生ワクチンを接種した日から次の予防接種を行うまでの間隔は、27日以上置く。
〇不活化ワクチン及びトキソイド(百日せき・破傷風(DT))を接種した日から次の予防接種を行うまで の間隔は、6日以上置く。

詳細については、下記の静岡県公式ホームページをご覧ください。