【表敬訪問】 徳倉パワーズソフトボールスポーツ少年団 ~県大会を制し、全国の舞台へ~

 令和元年5月12日(日)・19日(日)・25日(土)、島田市で開催された「第33回静岡県小学生男子ソフトボール大会」において、『徳倉パワーズソフトボールスポーツ少年団』が 見事優勝を果たしました。これにより、8月2日(金)から長崎県諫早市で開催される「第33回全日本小学生男子ソフトボール大会」への出場が決定しました。
 7月22日(月)、この報告のために徳倉パワーズソフトボールスポーツ少年団の監督および選手たちが豊岡市長を訪問しました。
 


第33回全日本小学生男子ソフトボール大会(全国大会)への出場


・徳倉パワーズソフトボールスポーツ少年団は全日本小学生男子ソフトボール大会(全国大会)に、春夏合わせて10回目の出場、夏は4年連続6回目の出場となります!
・今年のチームは打撃に自信あり!県大会でも各試合で大差をつけて勝ち進み、見事優勝を果たしました!

◆第33回全日本小学生男子ソフトボール大会(全国大会)
  開催日:令和元年8月2日(金)~8月5日(月)※予備日:8月6日(火)
  会 場:長崎県諫早市 なごみの里運動公園
  参加数:48チーム

◆第33回静岡県小学生男子ソフトボール大会(県大会) ※本大会で優勝し、全国大会出場
  開催日:令和元年5月12日(日)、19日(日)、25日(土)
  会 場:島田市大井川緑地運動公園
  参加数:17チーム
  結果 :優勝


杉山直行監督・選手たちおよび豊岡市長のコメント


 杉山監督は「うちのチームは今年打撃に集中していまして、初戦11対0、2回戦が8対0、3回戦も8対1、決勝に至りましても10対1という大差をもちまして優勝させてもらいました。ピッチャーも良かったものですから、点も取られず、本当に見事にやってくれました。子どもたちは一生懸命頑張りました。」と県大会を振り返り、選手たちを称えました。

 続けて、全国大会に臨む選手たちがそれぞれの目標を次のように語りました。
「春の全国大会ではベスト8という結果でした。今回は以前とったことのある3位を越して全国優勝ができるように頑張りたいです。」
「先頭バッターとしてしっかり塁に出ていきたいです。」
「四番としてよい打撃ができるように頑張りたいです。」
「心を一つにして一試合でも多く勝てるように頑張りたいです。」
「大きな声を出して、6年生に少しでも頑張ってもらえるようにしたいです。」
「春のベスト8を越して、6年生の足を引っ張らないように頑張っていきたいです。」
「練習の成果を発揮して一つでも多く勝てるように頑張りたいです。」
 
 最後に豊岡市長は「県大会で圧倒的な強さで優勝して全国大会に出場するということで、とてもうれしく思っています。おめでとうございます。暑い夏でも寒い冬でも一生懸命練習してきた成果が実って優勝することができたと思います。」と祝福の言葉を述べ、「チーム全員が心を一つにして、ボール一つに集中して、全力で戦って、優勝カップを持って帰ってきてくれることを願っております。」と激励しました。