【表敬訪問】 三島南中2年 武田亜子選手、第74回静岡県陸上競技選手権大会で優勝‼

 令和元年7月6日(土)・7日(日)に袋井市で開催された「第74回静岡県陸上競技選手権大会」の女子800mにおいて、三島市立南中学校2年生の武田亜子選手が見事優勝を果たしました。
 また、武田選手は同6月30日(日)に開催された「第34回静岡県中学校選抜陸上競技大会」の女子800mにおいて、2分10秒40を記録し、このタイムは当時、2019年度全国中学生ランキングにおいて第1位の記録(※7月30日時点では第2位)となりました。加えてこの大会における800mと1500mの記録によって、同8月21日(水)~24日(土)に大阪府のヤンマースタジアム長居で開催される「第46回全日本中学校陸上競技選手権大会」への出場が決まりました。
 7月30日(火)、この報告のために武田選手が豊岡市長を訪問しました。



武田選手出場の大会詳細


◆第74回静岡県陸上競技選手権大会(県大会)
  ※この大会は中学生から一般までが出場する大会です。
  開催日:令和元年7月6日(土)、7日(日)
  会 場:袋井市 小笠山総合運動公園静岡スタジアム エコパ
  結 果:女子800m 優勝 

◆第34回静岡県中学校選抜陸上競技大会(県大会) 
  開催日:令和元年6月30日(日)
  会 場:袋井市 小笠山総合運動公園静岡スタジアム エコパ
  結果 :2分10秒40(800m) 4分34秒55(1500m)
  ※800m・1500mともに「第46回全日本中学校陸上競技選手権大会」の参加標準記録を突破

◆第46回全日本中学校陸上競技選手権大会(全国大会)
  開催日:令和元年8月21日(水)~24日(土)
  会 場:大阪府 ヤンマースタジアム長居


表敬訪問の様子


 はじめに、武田選手の保護者が県大会優勝と全国大会への出場を報告しました。武田選手はもともと静岡県市町対抗駅伝大会に憧れて陸上を始め、中学1年生時は800mに、2年生になってからは800mに加えて1500mにも取り組んでいます。8月に行われる全国大会への出場を報告し、次に今回優勝を果たした「第74回静岡県陸上競技選手権大会」について、「全国大会に出場するとなると強豪選手がたくさんいるので、その練習という意味も兼ねて高校生や大学生、一般の方々の中で走らせていただいきました。うまい具合に本人の納得のいく走りができまして、1位を取ることができました。」と語りました。

 続いて武田選手は「第74回静岡県陸上競技選手権大会」での優勝について「高校生や大学生、一般の方々など、いつもとは違う状況ですごく緊張しましたが、昨年の冬から課題としていた”ラスト200mを踏ん張る”ということをしっかりできたので良かったです。」と語りました。全国大会については「800mも1500mもしっかり自己ベストを出して、800mは決勝に残って一つでもよい順位になれるよう頑張りたいです。」と語り、活躍を誓いました。
 
 豊岡市長は「市町対抗駅伝からずっと頑張ってきてくれていて、今回は高校や大学の選手がいる中で800mを優勝したというのは本当に素晴らしいと思います。おめでとうございます。」と祝福しました。また、「今回の全国大会もそうですけども、またその先も見据えて、将来の日本を代表するような選手になってくれればと思います。」と期待を語りました。最後に「全国大会でもコンディションに気を付けて、怪我なく決勝まで進み、素晴らしい成績で帰ってきてくれることを心から願っております。頑張ってください。」と激励しました。