迷惑電話の対策を紹介します

悪質商法等の消費者トラブルの多くが自宅の固定電話をきっかけとしています。被害に遭わないように、迷惑電話対策機器を紹介します。迷惑電話だけでなく、詐欺電話対策としても有効です。

防犯機能付電話機

・電話をかけてきた相手に警告メッセージを流したり、自動通話録音機能などがあらかじめ備わった電話機です。
・ナンバーディスプレイ等の契約が必要な機能もありますので、購入前にご確認ください。

《 参考 》パナソニック「VE-GD66DL」

パナソニック電話機
★固定電話機の買い替えをお考えの方におすすめです。

自動録音機

・現在お使いの固定電話機に取り付けて使用する録音装置です。
・電話をかけてきた相手に「通話内容を録音します」などの警告メッセージを流します。
・電話に出ると自動で通話内容を録音します。

《 参考 》東芝「防犯用電話自動応答録音アダプター TY-REC2」
東芝TY-REC2 電話機接続

★今の固定電話機をそのまま使い続けたい方におすすめです。

迷惑電話防止サービス

・警察などの情報を元に迷惑電話を自動で判別し、着信音を鳴らしません。
・毎月の維持管理料が必要です。
・ナンバーディスプレイ(NTT等の有料サービス)の契約が必要です。

《 参考 》トビラシステムズ「トビラフォン」
トビラフォン
★今の固定電話機をそのまま使い続けたい方におすすめです。
★迷惑電話番号リストは随時更新されるので、多くの迷惑電話をブロックしたい方におすすめです。

ナンバーディスプレイや留守番電話機能の活用

●ナンバーディスプレイの利用
・電話に出る前に相手の番号が確認できます。

・番号非通知の電話を拒否して知っている番号にだけ応答できます。

・電話番号表示には、ナンバーディスプレイ対応の電話機が必要です。

・ナンバーディスプレイ(NTT等の有料サービス)の契約が必要です。

●留守番電話機能の活用
これらの機器がない場合は、在宅中でも留守番電話機能を設定しておき、相手を確認してから電話に出るようにしましょう。悪質業者などは録音されることを嫌うため被害を防ぐ効果があります。