中小企業信用保険法(セーフティネット4号)について

自然災害等の突発的事由により経営の安定に支障生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会は通常の保証限度額とは別枠で保証(100%保証)を行う制度です。

対象中小企業者

次のいずれの要件も満たすこと
(イ)申請者が、三島市(法第2条第5項第4号の規定による経済産業大臣の指定を受けた地域)において1年間以上継続して事業を行っていること。

(ロ)災害等の発生に起因して、当該災害等の影響を受けた後、原則として最近1か月間の売上高又は販売数量(建設業にあっては、完成工事高又は受注残高。以下「売上高等」という。)が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。

認定書の有効期間のについて

 新型コロナウイルス感染症による事業者の売上への影響が広がるなか、既往債務の借換対応や利用者の利便性の確保等を鑑み、令和2年5月1日から認定を取得した事業者につきましては、下記のとおり認定の有効期間が延長することになりました。

・有効期間は認定日から従来30日間。※ただし、5月1日から7月31日までに発行されたものの有効期間については8月31日までとする。
※5月1日以前に発行した認定書についても有効期間については8月31日まで延長されます。(令和2年1月29日以降に取得した認定書が対象)

5月1日以降に認定申請を行う場合は上記のただし書きが記載された認定申請書をご利用ください。

申請時の提出書類

1 認定申請書(word)(PDF)

2 各認定申請書の添付書類

3 三島市で1年以上継続して事業を行っていることがわかる書類
 ・登記事項証明書(商業・法人登記簿)のコピー【原則3ヵ月以内のもの】
 ・個人事業主の場合は、直近期の所得税確定申告所のコピー

4 月別の売上がわかる売上台帳・月次試算表、法人事業概況説明書、得意先明細のある月別売上資料など
 ※兼業業種がある場合は、業種ごとに売上高が確認できる資料をご用意ください。
 ※申請のために作成した書類には事業社名と代表者印を押印ください。

手続きの流れ

1 事業所所在地の市町村に認定申請書を提出

2 市町村による認定

3 保証付き融資の申し込み

4 信用保証協会による審査

5 信用保証協会による保証