成人男性を対象に風しん抗体検査・第5期定期接種を実施します

平成30年の夏以降に風しんが全国的に流行したことから国の緊急対策として、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、全国で無料で風しんの抗体検査及び予防接種が受けられるようになりました。

風しんの緊急対策とは

 流行時の患者の中心は30代~50代の男性でした。このうち、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性は公的補助による予防接種を一度も受ける機会がなく、他の世代に比べて風しんの抗体保有率が低いといわれています。  
 今後の風しんの発生及びまん延を防ぐために、対象の男性にまず、風しんの抗体検査を行い、十分な量の抗体がない人を対象に風しんの第5期定期予防接種を行うことになりました。
 対象の人には、全国で無料で抗体検査・予防接種が受けられるクーポン券を市から送付します。

対象者

三島市に住民登録があり、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性
※平成26年4月1日以降に風しんの抗体検査を受けたことがあり、その結果通知を持っている人で風しんの抗体価がHI法に換算して8倍以下の人は新たに風しんの抗体検査を受けることなく、風しん第5期定期予防接種を受けることができます。医療機関には必ず抗体検査の結果通知をお持ちください。

実施期間

令和元年5月から令和4年3月31日まで 令和2年度にお送りしたクーポン券の有効期限は令和4年3月31日までです。
※令和元年度にお送りしたクーポン券の有効期限は令和3年3月31日までです。(※有効期限が1年間延長になりましたので、クーポン券には2020年3月31日と記載されておりますがそのままお使いいただけます。)

自己負担額

風しんの抗体検査及び予防接種、いずれも無料です。 ※体調により予防接種を受けられない場合は実費請求がある医療機関もあります。

クーポン券

抗体検査及び予防接種を受けるためにはクーポン券が必要です。 令和2年度は昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた男性に送付します。
※令和元年度は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に送付しております。
クーポン券を紛失等した場合は保健センターへご連絡ください。

抗体検査・予防接種を受けるためには

<1>自宅に届いたクーポン券を持参し、特定健診や事業所健診、医療機関にて抗体検査を受けます。
<2>抗体検査の結果、抗体があると判断された人は風しんの第5期定期予防接種の対象にはなりません。
<3>抗体がないと判断された人は風しんにかかる危険性があるため、風しんの第5期定期予防接種の対象者となります。クーポン券、本人確認書類(運転免許証等)、抗体検査の結果通知を持参し、予防接種を受けましょう

※抗体検査の基準値
・HI法の場合は抗体価8.0以下
・EIA法の場合は抗体価6.0以下
上記の基準を満たす人は抗体価が不十分と判断されます。

風しん第5期定期予防接種

風しん第5期定期予防接種で使用するワクチンは麻しん風しん混合(MR)ワクチンを使用します。

実施医療機関

抗体検査・予防接種を受けられる全国の医療機関等リストは厚生労働省のホームページをご覧ください。

厚生労働省風しんの追加的対策
厚労省QRコード
全国の実施医療機関一覧です。こちらをクリックしてください。