新型コロナウイルスに関する情報について

令和2年8月1日、三島市で2例目(県内276例目)の新型コロナウイルス感染症患者が確認されましたのでお知らせします。

◇詳細については下記ホームページをご覧ください。
こちらをクリックしてください。

新型コロナウイルス感染症に関する相談について~新型コロナウイルスかなと思ったら?

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口として静岡県が県内の各保健所に【静岡県帰国者・接触者相談センター】を設置しております。
電話での相談を通じ、新型コロナウイルス感染症の疑いのある人を専門の医療機関(帰国者・接触者外来)に確実につなげるように調整を行います。
少なくとも以下のいずれかに該当する場合は【静岡県帰国者・接触者相談センター】へすぐにご相談下さい。(これらに該当しない場合の相談も可能です。


①強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

    

②重症化しやすい方(※)で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

     

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑 制剤や抗がん剤等を用いている方

    

③上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状がある場合

     

※症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐ相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。



◇相談後、医療機関にかかるときのお願い

〇帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診す ることはお控えください。
〇医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)や手洗いの徹底をお願いします。


◇「静岡県帰国者・接触者相談センター」※名称が変更となりました。
電話番号FAX番号受付時間
050-5371-0561・050-5371-0562054-281-7702平日8時30分から17時15分まで
050-5371-0561054-281-7702土曜日・日曜日・祝日を含む上記以外の時間


>帰国者接触者相談センター(R2.5.15)


(妊婦の方々へ) ⼀般的に、妊婦の方が肺炎にかかった場合には、重症化する可能性があります。現時点での医学的知見や、予 防や働き方の留意点、発熱時の対応などについて、リーフレットをご覧ください。また、出産場所の確保等の不安を抱える妊婦の方々への相談窓口を設置しましたのでお知らせします。


◇妊婦の方々への相談窓口(静岡県健康福祉部こども未来局こども家庭科)
電話番号メールアドレス受付時間
054-221-3309kokatei@pref.shizuoka.lg.jp平日9時00分から17時00分まで


  • >妊婦の方々へリーフレット
  • >妊婦の方々へリーフレット



(若者の皆様へ)

 新型コロナウイルス感染症は、罹患しても約8割は軽症で経過し、治癒する例が多いことが報告されている 一方、⾼齢者や基礎疾患をお持ちの方は、重症化するリスクが高いことが報告されています。皆さまご自身を 守るため、そして、大切な人を守るため、感染症の予防策の徹底を引き続きお願いします。


【新型コロナウイルスを防ぐには】
  • 新型コロナウイルスを防ぐには
  • 新型コロナウイルスを防ぐには



【新型コロナウイルスス感染拡大により不安を感じていらっしゃる方へ】

  • 新型コロナウイルスス感染拡大により不安を感じていらっしゃる方へ①
  • 新型コロナウイルスス感染拡大により不安を感じていらっしゃる方へ②


◇詳細については下記ホームページをご覧ください。
こちらをクリックしてください。



◇マスク着用による熱中症に気を付けてください。


>帰国者接触者相談センター(R2.5.15)


◇詳細については下記ホームページをご覧ください。
こちらをクリックしてください。


                

◇新型コロナウイルス感染症に伴う布製マスクの全戸配布に関する電話相談窓口の設置


相談先電話番号受付時間
布製マスクの全戸配布に関する電話相談窓口0120-551-2999時00分から18時00分まで(土日・祝日含む)

◇手作りマスクの作り方
手作りマスクで感染予防方法をしましょう。

  • 新型コロナウイルスを防ぐには
  • 新型コロナウイルスを防ぐには
  • 新型コロナウイルスを防ぐには
  • 新型コロナウイルスを防ぐには
こちらをクリックしてください。【手作りマスクの作り方】


こちらをクリックしてください。【手作りマスクの台紙】


※社会福祉施設等(高齢者施設や障がい者施設等)でマスクが約47,000枚不足しております。全国的にマスクが不足している状態ではございますが、ご自宅等に在庫がありご協力いただける方がいらっしゃいましたら健康づくり課(三島市立保健センター)までご持参ください。ご協力をお願いいたします。

  ◇善意ありがとうございます
寄贈者寄贈物品寄贈目的
原 晴之 さん(リヴ・よしだや)医療用(N95)マスク 201枚医療機関等の感染予防のため
たいよう 様(ボランティア団体)手作りマスク 100枚妊婦さんの感染予防ため
米良 道子 さん手作りマスク 50枚感染予防のため
ふじのくに三島かがやきネット 様蜂蜜100本(100ml)最前線で活動している医療関係者のために
松本しゃぎり保存会 様手作りマスク 100枚感染予防のため
第一生命保険株式会社 様不織布マスク 1,000枚感染予防のため
芹澤 さん不織布マスク 2,000枚感染予防のため
メガネの三島・こどもメガネ専門店Jack‐O_O-(ジャックオー)様フェイスシールド 100枚感染予防のため
東京電力労働組合静岡地区本部 様不織布マスク 10,000枚医療機関等の感染予防のため
レマコム株式会社 様不織布マスク 10,000枚高齢者施設や介護関係者等の感染予防のため
住まい工房とうくり 様指消毒用アルコールジェル 4本(500ml入り)医療機関等の感染予防のため
米良 道子 さん(寄贈2回目)手作りマスク 50枚妊婦さんの感染予防のため
桜ヶ丘こどもクリニック 様手指消毒用アルコール 20ℓ妊婦さんの感染予防のため


〇厚生労働省及び経済産業省、消費者庁、文部科学省が「国民一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策やマスクの洗い方について」動画で紹介していますのでお知らせします。


◇布製マスクの洗い方について
こちらをクリックしてください。



◇「やってみよう!新型コロナウイルス感染症対策 みんなでできること」
こちらをクリックしてください。(手洗い、普段の健康管理、部屋の換気、マスクの自作を含む咳エチケットについて)


◇その他、感染の予防について
相談先電話番号受付時間
静岡県東部健康福祉センター地域医療課相談窓口電話番号055-920-2082平日8時30分から17時15分まで
静岡県庁疾病対策課専用相談ダイヤル054-221-8560平日8時30分から17時まで
新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口電話番号0120-5656539時から21時まで

◇ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~
  • >「帰国者・接触者相談センター
  • >「帰国者・接触者相談センター



家族が新型コロナウイルスに罹ってしまった場合の家庭内での感染予防方法にご活用ください。

こちらをクリックしてください。【新型コロナウイルス感染症市民向け感染予防ハンドブック】

集団感染の予防について

風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお⼀人お⼀人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要で す。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよ う、お願いします。


>新型コロナウイルス感染症についてのよくあるお問い合わせ


◇小規模患者クラスターの対策について

国内では、散発的に小規模に複数の患者が発⽣している例がみられます。この段階では、濃厚接触者を中心に感染経路を追跡調査することにより感染拡大を防ぎます。 国内での感染の拡大を最小限に抑えるため 、小規模な患者の集団(クラスター)が次の集団を生み出すことの防止です。

集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が 接触するおそれが高い場所」 です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避 けてください。
※「小規模患者クラスター」とは感染経路が追えている数人から数十人規模の患者の集団のことです。
大規模イベントに参加されていた皆様へ

大規模イベントにおいては、クラスター(集団)発⽣のリスクが高い3つの条件1.換気の悪い密閉空間 2.多数が集まる密集場所 3.間近で会話や発生をする密接場面 がそろう可能性があります。
>「帰国者・接触者相談センター


◇「換気の悪い密閉空間」を 改善するための換気の方法
  • >「帰国者・接触者相談センター
  • >「帰国者・接触者相談センター



◇全国クラスターマップ
国内で報告された新型コロナウイルス感染症の感染者に係る報告を基にした追跡調査の結果、感染者間の関連 が認められた集団(クラスター)を地図上に表示したものです。なお、都道府県別の感染者数を反映したもの ではありません。 また、本報告数は地方自治体の報道発表等に基づき新型コロナウイルス厚⽣労働省対策本部が集計した速報値 に基づくもので、随時更新されます。
>「帰国者・接触者相談センター

新型コロナウイルス感染症に備えて~一人ひとりができる対策を知っておこう~

新型コロナウイルス感染症とは?
過去にヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。
コロナウイルスとは?
人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られています。深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるのは、SARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)で、それ以外は、感染しても通常は風邪などの重度でない症状にとどまります。

1.どうやって感染するの?


 新型コロナウイルス感染症がどのように感染するのかについては、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染 感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出 別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み感染 ※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所
  • 飛沫感染イラスト1
  • 飛沫感染イラスト2
(2)接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえる その手で周りの物に触れて、ウイルスが付く 別の人がその物に触ってウイルスが手に付着 その手で口や鼻を触って粘膜から感染 ※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど
  • 接触感染イラスト1
  • 接触感染イラスト2

2.一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策は?


■新型コロナウイルスに感染しないようにするために
過剰に心配することなく、「手洗い」や「マスクの着用」を含む「咳エチケット」などの通常の感染症対策が重要です。
(1)手洗い  ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。
  • 手洗い

  • (2)普段の健康管理  普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。
    (3)適度な湿度を保つ  空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。
    ※マスクの効果は?
     マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。  一方で、予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着⽤することによる効果はあまり認められていません。  咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。
    ■ほかの人にうつさないために
    <咳エチケット>
     くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。 ・マスクを着用します。 ・ティッシュなどで鼻と口を覆います。 ・とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。 ・周囲の人からなるべく離れます。
  • 手洗い

  • 新型コロナウイルスに関連した肺炎について

     2019年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市に居住する人を中心に、新型のコロナウイルス(2019-nCoV)感染症の患者が断続的に報告されています。令和2年1月16日に日本でも新型コロナウイルスに関連する肺炎患者の発生が国内で確認されたと厚生労働省が発表しています。発病すると、発熱、咳を中心とした呼吸器症が出現し、高齢者や基礎疾患のある方は重症化する恐れがあることが確認されています。
       今後も国内患者の発生など新型コロナウイルス関連情報は随時更新される予定です。


    新型コロナウイルスに関連するリンク(外部サイト)
    厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A
    国立感染症研究所 新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報ページ
    外務省 海外安全ホームページ
    内閣官房 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について