第70回社会を明るくする運動強調月間

 ”社会を明るくする運動”とは、法務省が主唱する、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動です。

~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~

 毎年7月は、”社会を明るくする運動”強調月間として、様々な事業が展開されています。
 三島市においても”社会を明るくする運動”推進委員会を置き、市長を推進委員長に、警察署を始め、自治会、民生委員児童委員協議会、教育関係者、保護司会、更生保護女性会等、約40の関係機関・団体の代表者・関係者の皆様に委員になっていただきご協力いただいております。
 ”社会を明るくする運動”三島市推進委員会では、青少年の健全育成と犯罪や非行を抑止する地域の力を育て、犯罪をした人や非行のある青少年の立ち直りを支え、安全で安心して暮らせる地域社会づくりを目指し、次の行動目標のもと、街頭啓発、小・中学生ポスター展、犯罪・非行防止のための研究会、矯正施設訪問等を実施します。
今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため三島市では上記事業を中止します。

   (1)犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組を進めよう

   (2)犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう