静岡県発表新型コロナウイルス感染症警戒レベル(令和2年7月28日発表)

7月28日(火)現在、ふじのくにシステムに基づく警戒レベルは、「警戒レベル4(県内警戒、県外警戒)」です。

「ふじのくにシステム」とは

静岡県では、新型コロナウイルス感染症対策として、「6段階警戒レベルとレベル毎の行動制限を決定・公表するシステム」(「ふじのくにシステム」)を導入し、毎週更新することとしております。
7月29日(水)以降の移動に関する行動制限の詳細は、以下のとおりです。

県内移動に関する行動制限

  • 「三つの密」を回避するなど、「新しい生活様式」を徹底してください。
  • 熱海市、浜松市でのクラスター発生を踏まえ、感染リスクの高い地域にある、感染防止対策が不十分な施設において、マスク非着用での歌唱や大声での会話など、感染リスクの高い行動は回避してください。

「新しい生活様式」の実践例

県境をまたぐ不要不急の移動に関する行動制限

静岡県を出発する皆様へ

(静岡県の独自の評価によるものであり、外出の検討にあたっては、訪問先の県等が発表している行動制限を尊重してください。)  
  1. 全ての外出について、「新しい生活様式」を徹底し、自分や相手が感染しているかもしれないという意識を持って、注意して行動してください。
  2. 東京都への移動については、回避してください。
  3. ※訪問が、本当に今必要なものであるか、改めてご判断ください。また、訪問に代わる手段で対応ができないか、ご検討ください。
  4. 埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県への移動については、特に慎重に行動してください。
  5. ※訪問の際は、訪問地域の感染状況を把握し、訪問目的などを十分ご検討ください。「新しい生活様式」を徹底した上で、事前の行動計画により滞在時間の短縮や電車の混雑の回避などに努めるとともに、繁華街の接待を伴う飲食店や多人数の会食場所、カラオケを伴う飲食店などクラスターや感染者が発生している場所を回避するなど、最大限の感染予防行動をお願いします。
  6. その他の道県への訪問は、「新しい生活様式」など感染予防行動を徹底した上で、注意して訪問をお願いします。長距離での移動は感染リスクを高めるほか、これまで感染状況が少ない地域でも、急に感染が拡大している所があるため、訪問先の感染状況や経由地(東京都経由など)にご留意ください。

    静岡県を訪問される皆様へ

    (帰省する方、訪問者には、市民の皆様からも呼びかけてください。)
      1. 移動に際しての交通手段や移動の際の「新しい生活様式」に基づく行動の徹底に配慮してください。
      2. 東京都の皆様は、訪問の自粛をお願いします。
      3. ※静岡県への帰省や訪問等については、ご家族や先方の方などとその必要性や時期等について、今一度ご検討ください。
      4. 埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の皆様は、訪問の際には、特に慎重な行動をお願いします。
      5. ※ご自身の体調管理に留意の上、無理な移動は回避し、来訪の際には、自身や相手が感染しているかもしれないという視点に立ち、感染しない・させないよう「新しい生活様式」の徹底等の感染予防行動をお願いします。
      6. その他の道県からの来訪は、長距離移動による感染リスクや経由地にご留意いただき、注意して訪問をお願いします。
      7. 市民の皆様には、他都道府県から訪問される方が、すでに感染しているかもしれないという意識をお持ちいただき、「新しい生活様式」の徹底のほか、「三つの密」が重なる場所に行かない、作らないなど、感染予防対策の徹底をお願いします。

静岡県発表情報