通いの場【居場所・サロン・シニアクラブ】活動再開に向けて

新型コロナウイルス感染症予防のため、地域サロン、居場所、シニアクラブなど住民主体の通いの場では、多くが活動を自粛されてきたことと思います。
ここで、活動再開に向け動き出す居場所等に向け、感染予防を行いながら開催していくためのポイント等についてお知らせいたします。

通いの場の活動再開の留意点(5つのポイント)

1.参加に際してのルールの設定
◇毎朝、体温測定を行い、発熱、風邪症状がある場合は自宅療養しましょう。
◇マスクを着用し、咳エチケットの対応を行いましょう(特に会話時や歌唱時には要注意)。
◇手洗い、うがい等の基本的感染症予防対策を徹底しましょう。
2.ソーシャルディスタンスの確保
◇大人が両手を広げてお互い手を握れる距離が取れる人数は何名くらいかを確認しましょう。人数が多い場合には、時間を分けて複数回に分けて実施するのも一案です。
3.重点消毒の箇所の設定と消毒の実施
◇複数人が触れる場所を消毒液等で適宜消毒しましょう(重点箇所:ドアノブ、テーブル、椅子、トイレの洗浄レバーハンドル等)。
4.換気方法の確認とルールの設定
◇換気の悪い場所は極力避け、毎時2回以上(回数は目安)数分間の換気を行いましょう。
5.運動時のこまめな水分補給(熱中症対策)の実施
◇マスクを着用して運動を行う場合、特に暑くなる時期は、こまめな水分補給を実施しましょう。

【運営者・リーダー向け】 通いの場を開催するための留意点

「感染拡大を防ぐためのポイント」、「体操など身体を動かす活動をする場合」、「飲食を伴う活動する場合」の留意点について厚生労働省が示しています。

 ●詳しくは ⇒ 【運営者・リーダー向け】 通いの場を開催するための留意点 をご覧ください。 

【参加者向け】 通いの場に参加するための留意点

「感染拡大を防ぐためのポイント」、「体操など身体を動かす時」、「食べたり飲んだりする時」の留意点について厚生労働省が示しています。

 ●詳しくは ⇒ 【参加者向け】 通いの場に参加するための留意点 をご覧ください。 

会場や周囲の消毒

手指については石けんでの手洗い又は消毒用アルコールを用いますが、会場や物の表面の消毒には、「熱水」、「塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)」、界面活性剤が含まれる「家庭用洗剤」が有効です。

★効果的な手洗いの方法や有効な消毒方法★については
     厚生労働省・経済産業省・消費者庁 作成資料 ⇒ 身のまわりを清潔にしましょう  をご覧ください。

!!注意!!<塩素系漂白剤・家庭用洗剤を使用する際には下記の注意が必要です>
●手指・皮膚には使用しないでください。
●ゴム手袋を着用した上でご使用ください。
●吸い込んだり目や体につくことを防ぐため、スプレーボトルでの噴霧は行わないでください。
●作り置きした液は効果がなくなるので、うすめた液は、その都度使い切りましょう。
●カーテンや木材など水が浸み込む場所や材質には使用しないようにしましょう。
●キッチンペーパーや布などで表面を拭き取った後、水拭きしましょう。
●換気しながら行いましょう。

参考 :「新しい生活様式」における感染防止について

1.⼀人ひとりの基本的感染対策
◇感染防止の3つの基本 (1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗い
◇流行感染地域への移動については十分な感染予防対策を行ったうえで行動する。
2.日常生活を営む上での基本的生活様式
◇三密(密集、密接、密閉)を回避
◇身体的距離(できるだけ2m)の確保
◇咳エチケットを守る。
◇こまめに換気をする。
◇毎朝、体温測定や健康チェックを行い、発熱、風邪症状がある場合はムリせず自宅で療養する。