居場所・サロンの活動開始・継続を応援します!三島市新型コロナウイルス感染拡大防止に係る居場所・サロン支援金

概要

 三島市では、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、地域で行われている居場所やサロンの活動を3月~5月までの間自粛をお願いし、自粛解除後の6月からは、新しい生活様式に対応した活動や感染予防対策を徹底し、順次活動再開をお願いしたところです。しかしながら、全国的には、新型コロナウイルスの終息がまだ見えない状況であり、未だに活動再開を果たせずにいる居場所やサロンも多いと聞いております。そこで、地域力が高く強い絆で結ばれている地域活動を、安全に実施してもらえるように、居場所・サロンの活動再開、継続のための衛生管理費用を支援します。

1 対象団体 

 次のすべての条件を満たす団体を対象とします。
 (1) 三島市民により構成される構成員5名以上の非営利の団体
 (2) 令和2年1月末現在、1か月に1回以上の市内での活動実績があり、なおかつ、今後も計画的に活動を継続していく予定の団体
 (3) 市及び社会福祉協議会に備える登録カードに情報を登録できる団体
 (4) 特定の者を対象とせず、地域住民に開かれた運営を行っている団体
 (5) 政治的、宗教的活動を目的とした団体でないこと

2 支援金額

 1団体50,000円

3 申請方法

 (1) 申請書類に必要事項をご記入の上、提出書類を添えて、地域包括ケア推進課いきがい推進係まで提出してください。

 【提出書類】
  ・居場所・サロン支援金申請書   
  ・支出負担行為書(請求書)
  ・会則又はその他活動内容を確認できる書類の写し
  ・振込口座が確認できる通帳の写し

  ※三島市が内容を確認し適正と認められる場合は、団体が指定する代表者の口座に支援金を振込みます。

4 提出方法及び締切

 令和2年11月30日(月)必着。地域包括ケア推進課いきがい推進係まで。

5 その他

 (1) 市で把握している居場所の代表者には申請書類を送付させていただいております。
 (2) 広報みしま9月1日号にも掲載しております。上記(1)以外で、該当する活動を実施している団体はお問合せください。申請書等を送付させていただきます。
 (3) 当課では、新しい生活様式に対応した活動の支援、居場所やサロンで利用できる出前講座の御案内もしております。ご希望の場合はお問い合わせください。