ナラ枯れ被害について

全国的に被害が報告されているナラ枯れが三島市でも見受けられます。

ナラ枯れとは

ナラ枯れは、ナラ類、シイ・カシ類の樹木を枯らす病原菌と、その病原菌を媒介するカシノナガキクイムシとの共同作業による「樹木の伝染病」です。 日本海側を中心に被害が拡大していましたが、今年の6月以降三島市においても市全域において被害が確認されています。
ナラ類、シイ・カシ類は、里山等の身近にある樹木であり、被害が拡大することにより、森林の土砂災害の防止等の公益的機能の低下、倒木・落枝による市民生活への被害、木材資源の損失等が懸念されます。
枯れた枝は落木の恐れがあるため、道路沿い等で見受けられた際は三島市農政課までご連絡ください。
静岡県ナラ枯れ被害対策ガイド
https://www.rinya.maff.go.jp/j/hogo/higai/naragare_R1.html 林野庁HP