12月3日~12月9日は「障害者週間」です。

12月3日から12月9日までは障害者週間です。

市では、障がいのある人もない人も、支える人と支えを受ける人に分かれることなく、ともに支えあい、さまざまな人たちの能力が発揮されている活力ある「共生社会」の実現を目指しています。

障害者週間とは

 障害者週間は、「国際障害者デー」である12月3日から12月9日までの1週間です。

 平成16年6月の障害者基本法の改正により、国民に広く障がいのある方への関心と理解を深めるとともに、障がいのある人が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として、従来の「障害者の日(12月9日)」から障害者週間へと拡大されました。

 障がいとひとことで言っても、種類や程度は一人ひとり違います。生まれつき障がいのある人もいれば、事故や病気などが原因で後天的な障がいのある方もいます。

 事故や病気はいつ起こるかわかりません。障がいはいつでも誰にでも生じ得るものなのです。

 目が悪くなれば眼鏡をかけるように、不自由さを補う道具や援助があれば活躍できることはたくさんあります。同様に、障がいがあっても、周囲の理解や配慮があれば、多くのことができるようになります。

 この機会に障がいのある方への理解を深めていきましょう。
三島市障害者週間シンボルマーク
三島市障害者週間シンボルマーク

障がい者施設利用者作品展

  • とき   12月2日(金)~9日(金)
         午前8時30分~午後5時15分 最終日:9日(金)のみ午後4時まで
  • ところ  三島市役所本館 玄関ロビー 


「体験しよう!」~知的障がい児・者の感じ方~

三島市手をつなぐ育成会の皆さんによる「みしまキャラバン隊」が、障がいのある人の気持ちを知ってもらう「きっかけづくり」としてパフォーマンスを行います。

  • とき   12月3日(土)
         午後2時から3時
  • ところ  三島市民生涯学習センター3階多目的ホール


直接会場にお越しください。

ヘルプマーク・ヘルプカードを配布しています。

義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難聴・難病の方、認知症の方など外見からわからなくても、援助や配慮を必要としている方にヘルプマーク・ヘルプカードを配布しています。(1人各1個)

配布先 三島市役所障がい福祉課


  • ヘルプマーク
    ヘルプマーク
  • ヘルプカード
    ヘルプカード

三島市有施設等でデジタル障害者手帳「ミライロID」を利用できます

三島市の施設やサービスの一部で障害者手帳等を提示することで利用料等の割引や減免を行っています。
障害者手帳等の提示の代わりにデジタル障害者手帳「ミライロID」を利用してスマートフォンの画面を提示することで、障がい者割引等のサービスを受けられます。
市内のバス、鉄道や施設等民間事業者にもミライロIDの導入が広がっており、全国にミライロIDを導入している施設等が増えています。